情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

SexyBookmarks日本語版をページの好きな位置に配置する方法

PHP (25) WordPress (77) プラグイン (8)

ブックマークボタンをおしゃれに表示するプラグインであるSexyBookmarksの日本語版を導入するまでに行ったことのメモ。デフォルトでは、本文の直前か直後にしか設置できないので、それ以外の位置に配置したい場合には使えません。そこで、自由な位置にソーシャルボタンを配置するためにどうすればいいかをメモしておきます。

特に、手順4と手順5で紹介している自動配置を手動配置に変更する方法は、いろいろなプラグインで使える方法の一例となっているので、参考にしていただければと思います。

1.インストール

まずは単純にインストールします。ダウンロードしてきて、pluginディレクトリにアップロードして、有効化を行うだけです。

2.エラー対策(1)

エラー

デバッグ表示を有効にしている状態でインストールすると、次のようなエラーに遭遇します。

Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! 代わりに プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 in .../wp/wp-includes/functions.php on line 3551

デバッグ表示しなければおそらく何も出ないので対策しなくても良いのですが、いちよ、対策を書いておきます。ポイントは、エラー表示で指定されているファイルではなく、プラグインのファイルを修正するということです。

対策

「プラグイン>プラグイン編集」を開いて、「編集するプラグインを選択」で「WP Social Bookmark Menu - (aka:J. SexyBookmarks)」を選択します。

次に、「wp-social-bookmark-menu/wp-social-bookmark-menu.php」の中から、

add_options_page('WP Social Bookmark Menu', 'WP Social Bookmark Menu', 8, basename(__FILE__), 'settings_page');

という行を探し、次のように「8」を「'level_8'」に修正します。

add_options_page('WP Social Bookmark Menu', 'WP Social Bookmark Menu', 'level_8', basename(__FILE__), 'settings_page');

変更したら、「ファイルを保存」を実行して終了です。

3.エラー対策(2)

エラー

SexyBookmarksの設定画面でも次のようなエラー表示が複数箇所で発生してしまいます。

Notice: Undefined index: reloption in /home/did2memo/www/wp/wp-content/plugins/wp-social-bookmark-menu/wp-social-bookmark-menu.php on line 148

対策

このエラーは、一度「変更を保存」を行うことで、それ以降回避することができます。

4.自動配置を解除する

ステップ2と同様に、まず「wp-social-bookmark-menu/wp-social-bookmark-menu.php」を編集します。まず、

add_filter('the_content', 'position_menu');

という行をコメントアウト(行の先頭に「//」を挿入する)して、自動的な配置を無効化します。

次に、コメントアウトした「add_filter」で使われていた「position_menu」の引数を削除してしまいます。つまり、

function position_menu($post_content) {

という行を

function position_menu() {

に変更します。

そして最後に、その「position_menu」の中にある

if(is_single() & $plugopts['position'] == "above") return $socials.$post_content;
elseif(is_single() & $plugopts['position'] == "below") return $post_content.$socials;
else return $post_content;

を削除して、その代わりに

return $socials;

と一行書いてあげます。これで、好きな場所に配置する準備が完了しました。

5.テーマの好きな場所に配置する

配置は、テーマの編集にあるphpに、

<?php echo position_menu(); ?>

と書き込むだけです。

まとめ

エラー対策は、無駄にデバッグ表示しなければ問題なく、手動配置のために必要なPHPの記述も多くありません。同じようなやりかたでいろいろな自動配置するプラグインを手動配置化できるので、是非試してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About