情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

無料会員登録だけで100冊以上のマイクロソフト関連書籍が割引価格になった!

Microsoft (11) 割引 (3) 書籍 (2) 無料 (2)

無料登録するだけで、マイクロソフト関連書籍を割引価格(10%OFF)で購入できる方法に遭遇したので、メモしておきます。

普段から書籍をたくさん買う人には10%違うとだいぶ変わってくるかと思うので、チェックしてみてください。とはいうものの、対象はマイクロソフト関連書籍だけですが。

Microsoft Members特典を利用する

Microsoft Members特典を利用して割引を受けます。

このスクリーンショットのURLには誰でもアクセスできるのですがMicrosoft Members扱いになるアカウントでログインしていないと、割引が適用されません

TechNetサブスクリプションは有料なので…

例えば、TechNet サブスクリプション会員も10%割引の対象です。


(出典:https://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/securedownloads/cc837091.aspx)

しかし、TechNet サブスクリプション会員は有料のサービスで、しかもStandard会員では10%OFFにならず、Professional会員になる必要があり、初年度39,000円が必要です。これだけのために会員になるには高すぎます。

他にもMSDNサブスクリプションMCPの特典等の方法もあるようですが、無料ではありません。

MSBCの会員になろう(無料)

そこで、無料でも10%OFF会員になれるのがMSBC(Microsoft Business Connection)です

MSBCの特徴の5番がこれに相当します(ここには10%という割引額の記載はありませんが、会員登録せずとも見れるMSBCのRSSに10%割引と書いてあります)

登録方法

登録方法は簡単で、MSBCのウェブサイトにアクセスして、登録ページで必要な情報を入力するだけです。登録にWindows Liveアカウントと、所属組織のメールアドレスや住所の入力が必要ですが、登録自体は無料ですぐに完了します。

あとは、購入ページで買い物かごに対象書籍を入れて、購入するだけです。配送料無料。

対象書籍はどんな本?

割引の対象は、日経BP書店にて

のように、書籍ごとのページの書籍タイトルの上に「マイクロソフト関連書」「マイクロソフト公式解説書」と書かれている書籍です(テキスト(公式コースウェアや資格対策本など)も対象ですが、こちらは特別価格表があるので、そちらを見てください)

たとえば、こんな書籍が10%OFFで購入できます。

お試しあれ(←自分がまだ試していない)

ひとこと

MSBCはWindowsやOffice関連のいろいろな情報が見られてお得なサイトだと思います。自分も別に書籍の10%割引が目当てで登録しようと思った訳じゃないですし;

備考

100冊以上と書きましたが、これは、「"マイクロソフト公式解説書" -この商品は完売いたしました site:ec.nikkeibp.co.jp/item/books/* 」でぐぐった後、在庫切れでない「マイクロソフト公式解説書」の表示がある書籍を120個程度まで数え上げたことによる調査です。

もちろんすごく古い本もありました。Microsoft Visual J++ 6.0 ライブラリリファレンスとか。

コメント(0)

新しいコメントを投稿