情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

LaTeX実行時にWinShellが応答なしになってしまう場合の対策

LaTeX (24) TeX (5) Windows (292) WinShell (11) 対策 (19) 応答なし (1)

WinShellで特定の.texファイルに対してLaTeXを実行すると、必ずWinShellが応答なしになってしまい、「WinShell for LaTeX は応答していません」になってしまう場合の対策についてメモ。

問題の原因

他にも原因があるのかもしれませんが、今回私が遭遇した応答なしの原因は、.texファイルの文法的な間違いです。

ただ、どこが間違っているか知りたいのに、LaTeXを実行すると応答なしになってしまうのでエラー内容を確認できないというのが大問題です。

ログを見る

応答なしになってしまった場合、.texファイルと同じところにある.logファイルをチェックするとエラーの原因となっている場所がわかります

.logファイルに「l.行番号」で始まる行があるはずなので、その「行番号」がエラーの発生原因になっている行で、その周辺に説明が書いてあります。

参考のために、今回エラーに遭遇した際の、.logのエラー内容を表示している部分を掲載します。

! Extra }, or forgotten \endgroup.
l.209 \item `\bf
, \\
I've deleted a group-closing symbol because it seems to be
spurious, as in `$x}$'. But perhaps the } is legitimate and
you forgot something else, as in `\hbox{$x}'. In such cases
the way to recover is to insert both the forgotten and the
deleted material, e.g., by typing `I$}'.

今回は、「, `\bf 太字にしたい文字列}」という間違いがあったことが原因でした。「`」を「{」に置き換えた「, {\bf 太字にしたい文字列}」が正解で、タイピングのミスが原因だとわかりました。

別の方法

ちなみに、コマンドプロンプトから

$platex paper.tex

のように実行してあげると、エラーのところで出力が止まるので、実行自体は面倒かもしれませんが、エラーは見やすいと思います(今回余り影響はありませんが、コマンドプロンプトでは文字コードによっては日本語文字が表示できない場合があり、該当行の内容がうまく表示できないことがあります)

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About