情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

WinShellに「.tex was not found.」と言われてしまった場合の対策

LaTeX (24) TeX (5) WinShell (11) エラー (15) 対策 (19)

TeXファイル(.tex)を開こうとしたときに、WinShellに「.tex was not found.」と言われてしまう場合の対策についてメモ。

原因

今回私が遭遇したときは、platexの実行が途中で止まっていたことが原因でした。platexとは、「LaTeX」ボタンを押したときに実行されるプログラムです。

この原因はいまいちエラーメッセージと関連しておらず、少しわかりにくいですね。

対策1:platexをコマンドプロンプトなどから実行している場合

platexをコマンドプロンプトなどから実行して、エラーなどを発見したところで停止している場合、WinShellでそのファイルを開こうとすると「.tex was not found」になってしまいます。

なので、「Enter」を押して、停止しているところから先に進め、platexを終了してください。これで解決するはずです。

対策2:platex.exeがなぜか終了していない場合

もっと直接的な方法として、終了できていないplatex.exeをタスクマネージャから直接停止する方法があります。タスクマネージャを開いて「プロセス」タブの中から「イメージ名」が「platex.exe」になっている行を探して、クリックで選択してから「Delete」キーを押して、「終了しますか?」の画面で「プロセスの終了」をクリックして完了です。

まとめ

「.tex was not found.」のエラーが表示された場合は、platex.exeが動きっぱなしになっていないか確認し、動いていたら終了する。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About