情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

DNSサーバーのIPアドレスにfec0:0:0:ffff::1%1が設定されてインターネットに接続できないときの対策

DNS (3) Windows (258) Windows 7 (57) インターネット (5) 問題 (6) 対策 (19)

インターネットに接続できなくなってしまったとき、なぜか「ipconfig /all」の結果を見てみるとDNSサーバーのところに見覚えのないIPアドレスが表示されていました。この原因と対策をメモしておきます。

症状

まず、インターネットにつながりません。正確に言えば、名前解決に失敗しており、ウェブブラウズなどができない状況です。

そして、「ipconfig /all」を見てみると、DNSサーバーのところに

fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1

という見覚えのないIPアドレスが表示されていました。

fec0:0:0:fff::1とは

文字化けではありません。このfec0:0:0:fff::1などのIPアドレスは、DNSサーバーのデフォルトのアドレスとして利用されるIPアドレス(IPv6)のようです。

原因と対策

今回の問題は、DNSサーバーのIPアドレスを指定していなかったことが原因でした。つまり、DHCPを無効にしていてかつ、DNSサーバーの設定を忘れていたというわけです。

したがって、Windows 7の場合なら、「コントロール パネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続」で「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を表示して、「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックし、「優先DNSサーバー」のところに正しいIPアドレスを入力することでこの問題は解決されます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿