情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

大学からアクセスしたのにIEEE Xploreの論文が無料で見られない謎と解決策

論文 (6)

大学と学会(など)が契約しているおかげで、大学内からアクセスすると、通常有料の論文も、無料で読むことができます(実際は大学が契約料を払っているはずなので、無料というのはちょっと変かもしれません)

自分の場合、よく使う論文を販売しているサイトにIEEE Xplore Digital Libraryがあり、ここに掲載されている論文はすぐにPDFをダウンロードすることができます(例外となる論文があるのかも)

問題

しかし、Googleなどのウェブサイト経由でIEEE Xploreに行ったとき、なぜか有料表示されてしまう場合があります。

Full text access may be available

To access full text, please use your member or institutional sign in.

これが発生すると、「このPDFはダウンロードできないのかな?」と勘違いしてしまいます。

ただ、有料表示されてしまったときの画面をよーく見てみると、IEEE Xploreページの上部に表示されるべき

Access provided by: TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY

というメッセージが表示されていないことに気がつきます。

つまり、「ダウンロードできない」ことが問題なのではなく、「学内からの接続であると認識してもらえてない」ということが問題なのです。というわけで、「なんでこのPDFはダウンロードできないんだろう」ではなく、「学内からの接続であると認識してもらうにはどうすればいいのか」と考えるほうが良さそうです。

解決策

じゃぁ、どうすればよいのかというと、ページの更新(リロード)を行うだけです。すると、ちゃんと「Access provided by」の部分が正しく表示され、PDFが無料でダウンロードできるようになります。

このPDFはダウンロードできないのかぁ…と思って諦めてしまっている人もいそうなのでメモしておきました(←自分も前までそうだった)

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About