情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

SoftBankが更新月の誤表示を認めてくれるまでの流れメモ(個別対応してくれる模様)

SoftBank (49) X06HT (7)

SoftBank回線をあわてて解約したのですが、そのときに感じた「更新月の終わりってこんなに迫ってたっけ?」という感覚は正しく、更新月の表示が間違っていたということがわかりました(SoftBankに確認済み)。それについて、詳しく時系列に書いておきます。

こんな間違いがあるのですね。自分はX06HTの購入時に契約したので、同じくX06HTを契約した人や、同じ時期である2010年4月・5月あたりに契約した人は、更新月の誤表示にだまされていなかったか、もう一度確認してみてください。また、まだ間違っている可能性も十分に考えられるので、よくチェックし、不明な点があればサポートに問い合わせてみてください。

なぜ更新月が重要なのか

2年契約をしていると、2年後に更新月という更新期間があります。もし、更新月に何も手続きをしないと、自動的に2年契約が再契約されてしまうのです。

したがって、更新月を間違えると、違約金として契約解除料9,975円を支払わないと解約できない期間が意図しないタイミングで2年延長されてしまうのです。これは大変。

解約時の説明では「7月10日まで」

自分があわてて解約したのは7月9日でした。このとき、ソフトバンクショップの方に確認していたのですが、更新月は翌日の「7月10日まで」と言われました。

もしかして「8月10日まで」?

誤表示では?ということに気が付いたきっかけは、次のTweetでした。

「5/11から3ヶ月間」ということは、「8月10日まで」です。これで思い出したのです、「そういえば、前にMySoftBankで確認したとき更新月は8月10日までだったような!」と。

5月末は確かに「8月10日まで」と表示さていた

実は、更新月を調べてブログに書いていたのです→「発売日に購入したSoftbank X06HT(HTC Desire)の契約更新月とその確認方法について」そこで掲示しているMySoftbankの画面キャプチャがこちら

ホワイトプランN
※ご契約2年2ヶ月目 (更新月2012年05月11日から3ヶ月間)
※更新月にお申し出がない場合は自動更新となります。

これはおかしい。一昨日確認した表示と違う!!!

一昨日の時点で「7月10日まで」の表示に変わっていた

実は、解約直前にも確認していたのですが、そのときのChromeのタブが残っていました。

ホワイトプランN
※ご契約2年3ヶ月目 (更新月2012年04月11日から3ヶ月間)
※更新月にお申し出がない場合は自動更新となります。

やっぱり変わってるじゃん!!!

ということで、これは明らかにおかしいので、SoftBankのカスタマーサポートに問い合わせてみることにしました

サポート「更新月は6月11日までのはず…あれ?」

サポートに電話して表示が食い違っていることを説明すると、次のような内容の返答が。

そもそも更新月は2ヶ月のはずで、そもそも3ヶ月間と表示されているのは変。本当に3ヶ月と表示されましたか?

えっそもそも期間ってやっぱり2ヶ月だったの??という、MySoftbankの表示が両方とも間違っている疑惑発生

はいそうです、と答えると

カスタマーサポート的には4月11日から6月10日までの2ヶ月間だと思われるのですが、実際7月9日に解約解除料を支払いなしに解約できたのなら、明らかにおかしいです

のような内容を言われて、向こうも「あれ?」という感じに。そして、確認のため、折り返し電話をもらうことに。

サポート「5月11日から2ヶ月間で7月10日までが正解…あれ?」

確認結果は、次のような内容でした。

4月11日から6月11日ではなくて、ホワイトプランNが5月11日から適用されているので、5月11日から7月10日が正解のようです。

5月11日までは、2年契約ではありませんでした。

5月に見たときと一昨日見たとき、どちらの表示も間違いだったとなるけれど、とりあえず納得。

でも、じゃぁ「3ヶ月」という表示は何だったのか、ということでさらに確認するみたいなのでまた折り返し電話に。

サポート「実はデータが間違っていて、修正していたみたいです」

確認の結果、

  • 更新月が間違っているという問い合わせが他にも複数確認できている
  • 確かに、データが間違っていたため、修正していた
  • 今後そのようなことがないように…

「えーーっ」&「やっぱり!!」って感じですが、とりあえず更新月の誤表示があったことをみとめてもらえました。しかし、話は続きます。

ホワイトプランNと表示されているけれど、実は旧ホワイトプランです

「???」

旧ホワイト2年契約を4月27日から行っていて、これが更新月3ヶ月間(4月11日から3ヶ月間=7月11日まで)だったのです

「あー、これが、一昨日の表示だったのか-、納得。」

さらに、5月11日から新ホワイトプランにもなっていて…契約の表示が二重になっているんです

「えっ????」

こちらでも、どうしてこんなことになっているのか把握できないのです…

「えっ」←契約内容に関わるデータベースがこんな状況で大丈夫なのか???という驚き

つまりなにが正解だったの?

その後、超カオスなどうしてこうなったなやりとりを続け、結論としてはこうなりました。

  • 一昨日の4月11日から3ヶ月間という表示が正しい。
  • しかし、「ホワイトプランN」の表示が間違えで、実際は旧プランを契約しているので、「旧ホワイトプランN」的な表示がされているのが正解。
  • でもな・ぜ・か「ホワイトプランN」も契約してて、な・ぜ・か二重に契約しているように手元の端末で表示されちゃう。

もう一体なんのことやら…とりあえず8月10日までという誤表示があったことは認めてもらえたので、いいかな…

おわび対応

この誤表示の影響で、二つ損をしたことを言いました。

  • 急いで解約したが、本当なら安心保証パックを使って修理するつもりだった
  • 急いで解約したが、本当ならポイントを交換するつもりだった

どちらも、解約前に受領まで済ませないといけないので、更新月が手前に動くと、我慢して解約するはめになるのです。

対応はこちら

  • 解約しているので修理はできません(かなり粘ってもだめだった、別にいいけど)
  • 長期間のご愛顧に感謝して無料で、マイクロUSBケーブルをお送りいたします

後半は一体…もともとポイントを使えれば交換できた物なのに…

誤表示のせいで誤って自動更新をしてしまった人のすべき対応

影響範囲は僕一人だけではないようなので、誤表示の影響を受けてしまった人がどうすればいいかを聞いておきました。

それによると、サポートに電話するか、ソフトバンクショップに行って、このような誤表示があったことを伝えて、本部というか上司というかに問い合わせてもらえれば、この誤表示をすでに把握済みなので、何かしらの対応をします、とのこと。

どんな対応をするかは聞けませんでしたが、個別対応とのことなので、交渉次第のようです。もし、実際に個別対応してもらった方がいらっしゃいましたら、コメントに書き残してもらえれば幸いです。

感想

このような契約にかかわる誤表示は、影響範囲を分析して、ちゃんと周知しないとまずいのではないかと思います。気が付かずに自動更新してしまった人が自分の見間違いかと思って納得してしまいかねないからです。

でも、対応がすごく丁寧だったのも印象的でした。だからといって、この誤表示は致命的だと思いますが。

撮っててよかったキャプチャ画像

キャプチャ画像が存在していたおかげで、「5月の表示は今確認できるのですか?」「本当にそう表示されていたのですか?」などの質問に自信満々で答えることができて、最終的に「データを修正していた」という話を聞き出すことができました。キャプチャが無かったらどうなっていたことか…キャプチャ画像をとっておいてほんとよかったです;

追記

誤表示に気が付くきっかけとなったTweetをしてくださった @youmiy さんは、実際に違約金(契約解除料)を支払わずに解約できたそうです。それと、このブログをソフトバンクショップの人に見せるとスムーズかもしれません。

コメント(0)

新しいコメントを投稿