LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

iOSをアップデートする前にすべき準備(LINE編)

iOS6 (2) iPhone (831) LINE (1104)

iOS6が公開され、多くの人がアップデートしていると思います。そんな中、電話帳が消えるなどのトラブルも発生しているようです。そして、LINEのアカウントが作り直しになる人も発生しているようです。

今回は、LINEについて、iOS6へのアップデート前に準備すべきことをメモしておきます。

1.トークのバックアップをとる

トーク画面右上の「・・・」ボタンから「トーク設定」を開きます。そして、「トーク履歴を送信」からメールやDropbox・Evernoteなどにバックアップしてください。

ひとつひとつのトークでこれを実行する必要があることに加え、バックアップの形式がただのテキストファイルであるため、スタンプが「スタンプ」という文字で置き換わってしまいますが、なにも残らないよりはましです。

2.メールアドレス登録

「その他>設定>メールアドレス登録」と進み、メールアドレスとパスワードを設定してください

メールアドレスの登録が心配、という人は、gmailやyahoo mailなどで取得したLINE専用メールアドレスで構いません。

これを設定することで、いざというとき、つまりデータが消えてしまったようなときでも、アカウントに再ログインできます。

本来、端末が変わっていないOSアップデートでなら、再インストール後にも同じアカウントにアクセスできるはずですが、失敗したとき、アカウントが上書きされてしまうため、安全のために常に再インストール後はメールアドレスを入力してログインすることをオススメします。もし再インストールすることになってしまったら、最初の画面で「スタート!」の下に「メールアドレスで読込」というボタンが表示されるので、それをタップして、設定したメールアドレスとパスワードを入力すればOKです。

メールアドレス登録周りの詳細は「機種変でLINEアカウントが消える!?今すぐ確認したい重要設定と正しい引き継ぎ手順」に書いてあります。

3.iTunesで暗号化バックアップをとる

iTunesにバックアップを取っているから何が起こっても安心、という人も居るかと思いますが、LINEを復元するためには暗号化バックアップを行う必要があります

簡単に言うと、暗号化しない通常のバックアップでは、アカウントの認証情報がバックアップされないため、復元が不完全になってしまうのです

暗号化バックアップの方法などについては「【iPhone】データをiTunesにバックアップする手順メモ(画像付き・iOS8提供iPhone 6発売直前時点)」をご覧ください。

アップデートには細心の注意を

iOS6へのアップデート関連のトラブルは非常に多いようです。よく調べてから実行するようにしてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿