情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Git+Eclipse(EGit):直前のコミット以降の変更を元に戻す手順メモ

Eclipse (60) EGit (4) Git (9)

Git+Eclipse(EGit)でコードを編集していて、もう一度前回のコミット直後の綺麗な状態に戻ってやり直したいとき、どうやったら元に戻せるのかをメモしておきます。

「HEAD」の状態へ「戻る」ことを想定しています。

HEADがcheckoutできない

EGitではCheckoutをプロジェクトの右クリックにある「Team>Switch To」から行えるのですが、HEAD(または現在のブランチに相当するbranch、tag共に)はcheckoutできませんでした。何も起こりません。

「git reset --hard HEAD」で元に戻す

そこで、もう一つの方法である「Reset」を利用することにします。

まず、あとあとGitに登録されていなかったファイルが元に戻らずに、残骸として残ってしまうため、必要ならばNavigatorビューからファイルを削除(全削除)しておきます(例えばGitで管理していない.settingsなどがある場合には、それは消さない方がいいと思われます)

次に、「プロジェクトの右クリック」にある「Team>Reset」から、まず「References>HEAD」を選択します。

次に、下にある3つの選択肢(Soft、Mixed、Hard)のうち、「Reset>Hard」を選択し、「Reset」をクリックします。

「Resettting will overwrite any changes in your working directory. Do you wish to continue?」と表示されるので「Yes」をクリックして完了です。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿