情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Google Analytics:参照元で「Google Chromeでは○○が見つかりませんでした」と出る場合の対策

Google Analytics (14)

Google Analyticsから、参照元へジャンプしたとき、「Google Chromeでは○○.comが見つかりませんでした(Chrome)」と表示されることが結構あります。簡単ですが、詳しくない人にはさっぱりだと思うので、このときの対処法をメモ。

「www」が無視されている

なぜだかはわかりませんが、Analyticsの結果(「参照」)では、「www.example.com」の「www」が無視されて「example.com」になっており、参照元へのリンクも、「www.example.com/index.html」ではなく、「example.com/index.html」になっています。これが原因です。

対策

というわけで、参照一覧からジャンプしたページで、「見つかりませんでした」と表示された場合は、アドレスバーのURLの先頭に「www.」をつけて、「http://example.com/...」を「http://www.example.com」にしたりすれば、見ることができます

ただし、これで必ず見られるようになるわけではありません。注意。全く別の理由として、イントラネットのURLだからアクセスしようがない、という場合もあります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿