情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ThinkPad X1 CarbonでEnergizer XP18000Aを使う方法について調べてみた

Energizer XP18000A (1) ThinkPad (20) ThinkPad X1 Carbon (3) 外部バッテリー (2)

ThinkPad X1 Carbonを購入しようとして、Energizer XP 18000Aが使えるかどうかを確認しようと調べたときのことをメモしておきます。

Energizer XP18000Aとは

Energizer XP18000A (XP18000)は、18000mAh(3.7V)の大容量バッテリーで、ノートPC用の外部バッテリーとして使える人気製品です。

日本トラストテクノロジー 外付バッテリー Energizer XP18000A XP18000A

「Energizerなんて会社知らないよ」と思うかもしれませんが、調べてみると、世界で初めて懐中電灯を発売したり、世界で初めて消費者向けの乾電池を発明した、電池に関しては超有名なアメリカの企業のようです。

かなりの大容量で、ノートPC以外のゲーム機やUSBで接続できる製品の充電にも使えるため、便利に使っています。もちろん、PCを使いながら充電することも可能です

Energizerの「無料チップ」システム

Energizer XP18000Aは、ケーブルでノートPCと接続するのですが、接続口はノートPCによって違うため、ケーブルの先に取り付ける「チップ」を交換して使います。

XP18000Aにははじめからたくさんのチップが付属しているのですが、それらでは対応しきれないため、注文すると無料でチップを送ってくれるシステムがあります(送料は必要で、保証期間3年の間に年2つまで)。

ただし、そもそも対応チップが開発されていなければ、どうにもなりません

ThinkPad X1 Carbon対応のチップが無い

そこで、注文するチップを検索するサービス「Tip Finder」を検索してみると、対応チップはまだありませんでした

実は、ThinkPad X1 Carbonから、差し込み口の形が従来の丸形から長方形に変わってしまっていたのです

同じ差し込み口を使っているLavie Zもダメ

実は、NECのウルトラブック「Lavie Z」も同じ差し込み口のACアダプタを使っているのですが、これもTip Finderには登録されていませんでした。

変換アダプタも発売されなさそう

じゃぁどうすればいいかと考えると、従来のThinkPadの「丸形」から、X1 Carbonの「長方形」への変換アダプタが発売されれば!と思ったりもするのですが、これも発売の予定はないようです。

チップの追加予定は?

じゃぁ、チップの追加を待つしかないか-、と思うわけですが、これもダメそうです。

レノボから特許の承諾がおりない、x1cの要求する電流・電圧を
供給できないの2点から難しい 引用元

X1 Carbonはバッテリー面で不安

というわけで、X1 Carbonを定番製品であるEnergizer XP18000Aから充電するのは厳しそう、というのが現段階での結論です。

どうしてここまでバッテリーにこだわっているかというと、やはり一度外部バッテリーを使って便利さになれてしまうと、外部バッテリーが使えないノートPCは不便に思えてしまうのです。特にX1 Carbonはバッテリーが内蔵されているタイプで交換ができないため、外出先で不安ですし、バッテリーの寿命で完全にACアダプタから離れられないノートPCになってしまうため、外部バッテリーが使えないのはかなり残念なのです。

外部バッテリーユーザからすると、本当にEnergizer XP18000が対応していないのは残念です。他にも理由はありますが、これも大きな理由になって、X1 Carbonより、ThinkPad T430sのほうが魅力的に思えてきてしまいました。

うーん、はやく使えるようになってくれると嬉しいのですが。。。ここはXP18000ユーザ的には一端回避かなぁ、という感じです。

コメント(2)

  1. Tommy
    2013年5月28日(火) 19:12

    こんな変換ケーブルがあります。
    http://tpgoods.cocolog-nifty.com/blog/spcc.html
    日本では販売しないそうですが。。。

  2. did2
    2013年6月4日(火) 05:12

    >Tommyさん
    情報ありがとうございます。日本でも発売されると良いですね。

新しいコメントを投稿