情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Smartbar.exeとは何なのか

Windows (248)

タスクマネージャで、smartbar.exeのCPU使用率が高い状態になっていました。しかし、smartbar.exeが何者だったかなかなか思い出せなかったのでメモしておきます。最終的にアンインストールしました。

smartbar.exe

smartbar.exeは「C:\Users\username\AppData\Local\Smartbar\Application\Smartbar.exe」に登録されており、スタートアップに登録されていました。

よくよく思い出してみれば、ChromeやFirefox、InternetExplorerにツールバーとして表示されるようになり、特にFirefoxでは既存のツールバーが非表示になってしまい大変なことになってことを思い出します。

ただ、いつインストールしたものか思い出せませんでした

Messenger Plus で同時インストールされたアプリであると判明

記憶をたどったり、検索することで、Messenger Plus!(のアップデート)と同時にインストールされた「Messenger Plus! Community Smartbar」であるとわかりました。

Webを検索していると、同じsmartbar.exeという名前のマルウェアも見つかったりして、紛らわしかったのですが、Messenger Plus!をアップデートしたときにインストールしてしまっていたことを思い出しました。

怪しい→アンインストール

まず使わないですし、いかにもな怪しさも感じたので、アプリケーションを削除しました。

削除は、「コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能」から簡単に実行できました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿