LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEの有料スタンプ購入時のApple IDエラーについて

iPhone (153) LINE (450) LINE-スタンプ (15)

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

iPhoneでLINEの有料スタンプを購入する際に、Apple IDの問題でエラーが発生している人を見かけます。その原因と対処法を紹介します。

症状

スタンプを購入しようとすると、次のエラーが表示されます。

購入できません

このアイテムは、他のApple IDで購入されたアプリケーションのためのものです。このApple IDでこのアイテムを購入するには、まずアプリケーションを購入しなければなりません

OK

このエラーが出てしまうため、スタンプを購入できません。

原因

このエラーは、アプリをダウンロードするのに使ったApple IDと、スタンプを購入するときに使おうとしたApple IDが違うときに表示されます。

つまり、ひとつのLINEアプリ相手に複数のApple IDを使ってしまったのが原因です。

どうして違うApple IDを使ってしまう人が多いのかはよくわからないのですが、親も同じiPhone端末を使ってた、なんて場合があるそうです。それでもよくわかりませんが;

対策:Apple IDを揃える

対策は2種類あります。LINEアプリを購入(無料ダウンロード)したときのApple IDに揃える方法と、スタンプを購入しようとしたときに使ったApple IDに揃える方法です。

後者(対策2)のほうが誰でもできておすすめです。

対策1:アプリをダウンロードしたときのIDに揃える方法

アプリをダウンロードしたときのApple IDを覚えている場合は、Apple IDの設定をそのときのApple IDに戻してあげればOKです。

iPhone5やiPhone4Sなどで「iOS6」を利用中の場合は、「設定>iTunes Store/App Store」を開き、現在利用中の「Apple ID」をタップします。ここから一度サインアウトを実行し、前に使っていたApple IDで再びサインインします。これで終了です(iOS5の場合は、「設定>Store」から)。

この場合、以前使っていたApple IDを覚えている必要がある事と、他のアプリに似たような問題が発生する可能性があるという事が問題になります。Apple IDが間違っていれば、結局同じエラーになってしまいます。

対策2:現在のApple IDに揃える方法

こちらは、現在のApple IDで、LINEをダウンロードし直してあげればいい、という方法です。

ただし、ダウンロードし直すとトーク履歴は消えてしまいます。これは、トーク履歴のバックアップと復元がAndroid版にしか搭載されていない事が原因です。

トーク履歴を残したい場合は、「対策1」を試してみてください。

具体的に何をすればいいかというと、まず、必ずアカウントが消えないように、メールアドレスとパスワード(もしくはFacebookアカウント)の登録を行っているか確認してください。これをしないと、履歴だけでなくアカウント丸ごと消えかねません(電話番号と端末が同じなら、本当は大丈夫だけれど、強くオススメします)。

つぎに、一度LINEをアンインストールして、App StoreからLINEを購入し直してください。

そして、引き継ぎ手順(仕組み画像付き手順)に従って、アカウントを引き継いでください。

これで、現在のApple IDで購入したLINEの出来上がりなので、Apple IDが食い違っていたことによるエラーが表示されなくなり、スタンプの購入ができるはずです。

補足:パスワードが違うと言われたら

もし、Apple IDを変更しようとしたときに、次のエラーが表示された場合は、単にApple IDとパスワードの組合せが間違っているか、未登録であるだけです。Web上でそのApple IDとパスワードでログインできるかどうか確認してみてください。

Apple ID、またはパスワードが違います。

参考資料

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

ブログの更新情報はこちらから

RSS を 購読 する Facebook いいね! は こちら から Twitter で @did2memo をフォロー

コメント(0)

新しいコメントを投稿