情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Eclipse+Gitでコミット後に名前とメールアドレスの設定が元に戻ってしまう場合は

Eclipse (60) EGit (4) Git (8)

新規にEcliseプロジェクトを作成して「Git Staging View」でコミットをしてみると、「Author」と「Committer」を変更してコミットしたのに、コミット直後リセットされてしまうことが分かりました。ここの設定は、コミット1回限り有効な設定になってしまうようなのです。今回はこれを回避する方法をメモ。

名前とメールアドレスを「Preference」から設定する

対策は「Git Staging View」で行うのではなく、「Window>Preference」で行います。

「Team>Git>Configuration」にて、名前とメールアドレスを設定できます。

設定の書き込み先を選択する

「User Settings」と「System Settings」と「Repository Settings」から設定場所を選べます。

User Settingsは、環境変数「HOME」で設定したディレクトリにある「.gitconfig」に設定したい場合で、ユーザーにひもづけたい場合に使いますSystem Settingsはコンピュータ上のファイルを自由に選択でき、コンピューターにひもづけたい場合に使いますRepository Settingsは、レポジトリに対して設定します

普通はUser Settingsを選べばよいと思います。というわけでUser Settingsタブを選択します。

設定する

「New Entry...」をクリックして、「Key」に「user.name」を、「Value」に名前を設定して「OK」をクリックします。これで、名前の設定が作成されます。

同様にして「Key」に「user.email」を、「Value」にメールアドレスを設定して「OK」をクリックすることで、メールアドレスが設定されます。

最後に「Apply」→「OK」で設定画面を閉じて設定完了です。

設定結果

「Git Staging View」の「Link with Editor and Selection(左右の矢印のボタン)」をONにしてから、一度他のプロジェクトを選択するなどして、もう一度選択し直せば、設定結果が「Git Staging View」に反映されます。

これで、コミットしても名前とメールアドレスが戻ってしまわない設定ができます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿