LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEアカウント乗っ取り目的のフィッシングメール本文

LINE (1003) LINE-セキュリティ (51) LINE-なりすまし (9) LINE-乗っ取り (21) セキュリティ (62)

今のところ流行している様子はありませんが、LINEアカウントの乗っ取りを目的としたフィッシングメールを見かけたので、メモしておきます。メールでLINEに登録しているメールアドレスやパスワードを送信しないように気を付けてください

フィッシングメール本文

今回紹介するフィッシングメールでは、次の文章で、LINEユーザのメールアドレスとパスワードを聞き出そうとしています。

LINEサービス大型移行に伴い、IDとパスワード、登録メールアドレスを再確認させて頂くことになりました

お手数ですが下記の空欄に記入して送信してください。

メールアドレス【 】
ID【 】
Password【 】

ご不明な点がありましたらこちらまでお問い合わせください。

http://help.naver.jp/m/faq

NHN Japan株式会社
代表取締役社長
森川 亮

参考

問い合わせ先として提示されているのURLは本当のLINEのサイトなので、少し信憑性が上がってしまっている気もしますが、メールでパスワードを聞かれるなんてことはまずあり得ないと思ってください。あり得るとすれば、それは「騙す」目的です。本当のサービス提供者ならば、そのようなことはしないはずです。

でも・・・そもそも成功確率は低めかも・・・

実は、LINEでは「パスワード」の登録が必須では無いため、このメールを受け取った人で騙されてしまうタイプの人ならば、そもそもパスワードが未登録で、「パスワードって何?」となるような気がします。。。

LINEのパスワードって何?→「LINEのパスワードを忘れた」「ログインできない」が急増している理由とその対策

文章は違っても絶対に返信しない!

フィッシングメールの本文は今後いくらでも変わる可能性がありますが、LINEを乗っ取るために必要なのは電話番号ではなくメールアドレスとパスワードなので、乗っ取り目的ならばとにかくこの2つを狙ってくるのは間違いありません。そのようなメールに安易に返信しないようにしましょう。

また、興味本位で返信して反応を楽しむなんていうのもやめましょう。「返信するような人のメールアドレスだ」ということで、今後よりいっそうフィッシングメールやスパムメール(迷惑メール)のターゲットにされやすくなるかもしれません。

※LINEに問い合わせた際はメールで返信が来るので、ユーザの方のメールアドレス宛に連絡することは「あります」。

もし似たメールを受け取っている友だちを見かけたら

もし、このようなメールを受け取って「どうしよう」と困っている友だちが居たら、「絶対に返信しちゃダメだよ」と教えてあげてください。

万が一LINEアカウントを乗っ取られれば、その友だちのアカウント宛にスパムメッセージを送信できるようになります。つまり、あなた宛にスパムメッセージが届くようになるかもしれません。また、その「騙された」本人からだけでなく、その乗っ取られた本人のアカウントを使ってあなたのアカウントを別の詐欺用アカウントに紹介するかのせいもあり、次から次へと「知り合いかも?」に、詐欺アカウントが現れる可能性もあります。とにかく、急いで「返信するな」と教えてあげてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿