LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「モンスターズインク」仕様のLINE着せかえが海外で発表されたという噂について

LINE (335)

現在、「モンスターズインクの着せ替えテーマが海外で公式に公開されている」、という情報が出回っています。しかし、調べてみても日本語情報が一切見つかりません。そこで、話題の画像が一体どこから表れたのかを徹底調査しました。その調査結果をまとめておきます。

naver-line-monstersinc-sample

調査の結果、これは非公式に自作されたLINE着せ替えの画像であることがわかりました楽しみに待っている友達がいたら、このページを必ずURL付きでシェアしてあげてください(スクショ禁止)

非公式デザインの利用は、アカウント削除やトーク履歴の消失につながる危険性があります(詳しくはリンク先へ)。

↓リツイートボタンからシェアできます↓

追記:「話題のモンスターズインクのデザインは非公式です!」という正しい情報がなかなか広まりません。また「中国人が作ったデマ画像らしいよ」といういい加減な誤解Tweet(これこそデマ)が広まっています。詳しく説明してあるこのページを読むように、TweetにこのページのURLを含めるようにしてください

モンスターズインクの「新しいテーマ」の情報源

現在話題になっている画像がこちらです。

「海外で公開された」ということから、「海外の公式で発表された」「海外版なら対応している」という話になっています。

しかし、海外版でそのような項目を見つけることができませんでした。

この画像をよく見ると、中国語が含まれていることがわかります。中国語でモンスターズインクは「怪兽电力公司」なので、これを手がかりに調べてみました。また、画像をよく見ると、モンスターズインクユニバーシティデザインになっています。これは中国語で「怪獸大學」です。

モンスターズインクのテーマは「非公式」!

検索してみたところ、モンスターズインクのデザインだけでいくつもありました検索方法)。

そして、今回話題となっている画像の自作テーマもその中にありました

冒頭の画像は、デザイン作者のブログ(台湾・繁体字)のスクリーンショットです。例の画像も、このブログページからコピーされたものだと分かりました(指を指す「サリー(青いキャラクター)」が例の画像にありますが、この画像はこのブログ主が説明に使うときに矢印代わりに使っている画像でした)。

ブログでは、自作の着せかえをiPhone版LINEに適用する方法が解説されており、facebookには「自分で作った」と中国語で書かれています(facebookで10,000いいね!以上されています)。しかし、肝心のテーマファイルはそのページからダウンロード可能になっていない(配布を中止した?)ようで、facebookのページには、ダウンロード方法を尋ねるコメントが殺到していました。というわけで、単なる合成画像ではありません。

※追記:「モンスターズインクにできた」とTwitterで自慢している人もいましたが、それは出来の悪い今回の画像とは別のデザインでした。

参考:LINEの着せかえテーマを自作する方法について(iPhone / Android)

他にも自作デザインがたくさん!

また、他にも中国語やタイ語のサイトを中心に、次のような自作デザインが大量に見つかりました。キャラクター名やキーワードを載せておきます。

※ただし、今後着せかえの勝手な変更をチェックして、アカウント停止などの処分をしてくる可能性も無くはありません(詳細)。公式の着せかえ以外は使わないようにしましょう。

  • モンスターズインク(今回話題したものと作者の違う出来が悪そうなもの)
  • ドラえもん
  • スヌーピー
  • リラックマ
  • リロ アンド スティッチ
  • トイ・ストーリー
  • スポンジボブ
  • ミッキー・ミニー・ドナルドダック
  • キティーちゃん・シナモンロール・マイメロディ
  • ウサビッチ
  • ミッフィー
  • ちびまる子ちゃん
  • クレヨンしんちゃん
  • ドラゴンボール
  • 名探偵コナン
  • ワンピース
  • ケロロ軍曹
  • ナルト
  • 進撃の巨人
  • マリオ
  • カービー
  • なめこ
  • 初音ミク
  • 少女時代(SNSD、ソシ、ソニョシデ)・テヨン・ティパニ
  • CNBLUE
  • BIGBANG(G-DRAGON・ジヨン)
  • サニーなどその他のLINEキャラ
  • 青色・黄色などの別の色のデザイン(コニーをピンク色以外に改造したものなど)

リンクは載せませんが、「LINE 自作 テーマ ダウンロード」を中国語にすると「LINE 自製 主題 下载」となることをメモしておきます。ダウンロードしたい人は検索してみてください。

そしてここで分かったのですが、それらの着せかえの一部は、着せかえ機能が公式に提供されるより前からダウンロード可能になっているようでした。つまり、アプリケーションがどのようにデザインを表示しているかが、着せかえ機能登場より前から分析されていたようなのです。例えばLINEバージョンも3.6.4用が存在しました。

LINE公式が着せかえ機能を提供する以前から、いつの間にやら、海外のウェブサイトで大量の独自デザイン版LINEが作られていたようです。そのうち、これらを簡単に切り替えられる非公式着せかえの切り替えアプリなんかも登場してくるのではないかと思われます。

結論

というわけで、例の画像は「公式着せかえ」というわけではなかったようです。単にモンスターズインクファンの間で広まっていたfacebook投稿を見つけた人が、まとめ直した画像だと思われます。

台湾やタイでは、続々とこのような非公式自作テーマが作成されているようで、台湾初の簡単着せかえアプリなんかも登場しています。

LINE公式の反応(追記 2013-06-21 9:30)

LINE公式は、この件について、次のように説明しています。

"海外でも"そうなのでしょう。

※この記事のようなLINE情報をTwitterで配信中です→@did2line

デマ?

この噂の発端は冒頭のTwitterアカウントですが、これ自体は「デマ」ではありません。これを読んだ人がどんどん勝手にデマを作っていたに過ぎません。デマかどうか、例を紹介します。

  • 「モンスターズインク仕様のLINEが海外で公開された」→本当。デマじゃない。ただ、これを読むと公式で配布されたのかと勘違いしてしまう。書いたほうもそういう意味で書いたかもしれないが。
  • 「モンスターズインク仕様のLINEが海外で"公式に"公開された」→間違い。公式には配布されていない。
  • 「モンスターズインク仕様のLINEが日本で公開された」→ウソ。デマ。
  • 「モンスターズインク仕様のLINEにはできない」→ウソ。できないわけじゃない。ただ、例の画像のデザインは現在ファイルをダウンロードできないので、適用できない。
  • 「モンスターズインク仕様のLINEはガセ・偽物らしいよ」→そういうわけじゃない。
  • 「中国人が作ったデマ」→その発言こそがデマ。オリジナルを作った人は、非公式の自作だと言ってfacebookに投稿している(ちなみに中国の人じゃなくて台湾の人)。「公式だ」と勘違いor偽って拡散していたのは日本人たち。

まぁ、LINE公式が今後決してモンスターズインク仕様のLINE(着せ替えテーマ)を配布・販売しないとは限らないので、「やっぱり本当だったじゃん!」なんてことを今後言わないようにしてくださいね。このように、デマとは難しいものなのです。この文章をしっかりと読まないで考えたり、説明ページ(このページ)へのリンクなしにTweetしたりしても、誤解やデマが広がるだけです

新しいデマに注意(追記 2013年06月27日)

現在、「7月6日にLINE着せかえの第2弾が公開される」「モンスターズインク仕様のLINEの公開日は7月6日らしいからいま出回ってるのは嘘」のようなデマが広まっています。このような公式情報は一切ありませんし、LINE公式は今後の予定は未定としています。デマに気を付けてください。

日本でも新しい自作着せ替えが続々と

日本でも、自作の方法がわかった人たちの手によって、続々と着せ替えが自作されているようです。

たとえば、以下のようなものを創ったという報告を見つけることができます。

  • EXILE
  • YUI(歌手)

ブログの更新情報はこちらから

RSS を 購読 する Facebook いいね! は こちら から Twitter で @did2memo をフォロー

コメント(3)

  1. 記事読ませていただきました。

    もしよければですが、現在話題のテーマについてもう少し検索ヒント等お聞かせ願えないでしょうか?


  2. 2013年6月27日(木) 18:02

    他人のツイートをIDごと晒すのはよくないと思いますよ

  3. did2
    2013年7月15日(月) 00:41

    >LINEさん
    少々検索のヒントを追加しました。

新しいコメントを投稿