LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「スクリーンショット転載」で広まるデマとその問題点

スクリーンショットを使った転載によるデマが横行しているので、最近起こったデマを例に、その実態について紹介します。

naver-line-screen-capture-kisekae-dema

話の前提

「海外で作られたLINE運営非公式のLINE着せかえが大流行している(参考)」が話の前提になります。

デマの例

現在2500リツイート以上されて広まっているデマTweetがこちらです(ここでは本物のTweetではなく、ツイッター速報のTweetを掲載しています)。

実は、この画像は「LINE着せ替えした人のその後」の画像ではありません

"そんなこと"は書いていない!!!

この画像は、私のブログ記事(http://did2memo.net/2013/06/22/naver-line-original-unofficial-kisekae-risk/)をスクリーンキャプチャしたものです。それ自体はいいことにするとしても、そこに付けられた「LINE着せ替えした人のその後w」という文章が問題です。

このTweetを見た多くの人は「LINE着せかえをした人が、実際にアカウントが永久停止されたケースが既に出てきている」と誤解するでしょう。しかし、実は、私のブログ記事にはそんなことは書いていないのです。

本当に書いてあったこと

2013-06-28現在、本当は画像の前に、次のように書いてあります。

naver-line-screen-capture-kisekae-dema-true

先ほどのキャプチャの"前後"に重要なことが書かれています

「アカウントが永久停止され~」の部分のリンク先(http://did2memo.net/2013/05/30/naver-line-account-suspension/)まで読めばすぐ分かることなのですが、この部分は、あくまでその他の利用規約違反行為(スパムメッセージなど)をした人がアカウント停止にされている、という話であって、着せ替えが原因でアカウントが停止された話ではありません。つまり、他の利用規約違反をした人がアカウント停止されているため、今回の非公式着せかえの利用についても、アカウント停止されるのではないか、という可能性を元に忠告している文章なのです。実際に非公式着せ替えが原因でアカウント停止された人を確認したという話は一切していません

何が問題か

ここで取り上げたい一番の問題は、スクリーンショットが引用(転載)の手段になっており、URLのような、スクリーンショットの先に飛んで内容を確認する手段を提供していないことです。そして、さらに悪質なのは、誤解を招く部分に限定した転載および、転載元に記載されている内容と異なる内容の文章を画像につけていることです。

URLを提示して「とんでもない解釈(誤解)」をしている場合も少なくないのですが、URLがあるので、元のページの内容を確認して、間違った解釈であると、第三者が確認することができます

さらに面倒なのは、「可能性」の読み落とし

このような明らかに事実と反する解釈を誘発する文章を添えるのは、意識して回避して欲しいわけですが、さらに多いのが、文章の読み方がおおざっぱなことです。

先ほどのリンク先を正しく読めば、こうなります。

この「可能性」の解釈ができているTweetはとても貴重でした。

問題があるのは、せっかく「可能性がある」「かもしれない」と書いたのにもかかわらず、「アカウント凍結になる」などと断定しているTweetです。これでは単なるデマです。このように、「○○になる可能性がある」という「○○になる」と「○○にならない」の間を示す言葉をすっとばしたTweetが多すぎます。

つい最近も同様に「可能性」が「断定」に置き換わって広まる事例が発生したばかりです→「LINEで拡散中の「死んだ人のIDは詐欺会社のIDだ」という注意喚起について

「スクリーンキャプチャ」による情報拡散手法が広まっている

今回紹介した事例のように、スマートフォン(主にiPhone)ユーザの間で、文章を引用する際に画面キャプチャのみを転載し、転載元へのリンクを提示しない情報拡散手法が広まっています。これは、今回のようにデマにつながる方法であり、そこから始まった伝言ゲームが、次々と新しい誤解へつながっています。

教訓

このようなデマにつながるTweetを作ってしまわないように、ぜひ次の事項を守って欲しいと思います。

  • スクリーンショットを掲載(転載)する場合には、特別な場合を除き、転載元へのリンク(URL)を明らかにする

転載元のわからないスクリーンキャプチャTweetを見かけたら

このようなデマかもしれないスクリーンキャプチャ付きTweetを見かけたら、そのスクリーンキャプチャに載っている文章でGoogle検索をしてみてください。見つかる可能性があります。そして、事実かどうか確認することができます。

その他の関連デマ

LINE非公式着せ替えの件では、Yahoo!トラベルの旅の知恵袋にも「アカウント凍結をする」という断定デマが書き込まれ、広まっています。これについても、独自ソースがあれば問題ありません(デマには相当しない)が、広まってしまっているので、紹介しておきます。

ちなみに、LINE公式Twitterアカウントに「どんな処分があるんですか?」と質問した人たちがたくさんいたのですが、いずれも返答のリプライはなかったようです。

その他、LINE関連のデマについてはこちらにいろいろな例があります

シェア用Tweet

☆☆☆ LINEのデマ・障害情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿