情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

RESTClientで301や302などリダイレクトのヘッダ内容を表示する方法

RESTClientを使ってリダイレクトが正しいステータスコードが返ってくるかをチェックしようかと思ったら、勝手にリダイレクトをすませてしまい、301 Moved Permanentlyや302 Moved Temporarilyのチェックができませんでした。ささっとググっても情報がすぐには見当たらなかったので、自分がどうしたか書いておきます。

リダイレクトが勝手に完了してしまう

302 Moved Temporarilyや301 Moved Permanentlyで別のページへリダイレクトの設定をした際に、ちゃんと動作しているかをチェックしようとしました。

しかし、返ってくるステータスコードは 200 OKになっており、上手く動いていないのかと思いました。ですが、実はその200 OKはすでにリダイレクト済みの、リダイレクト先サーバが返したものだと分かり、リダイレクトのヘッダ情報が省かれていると分かりました(Advanced Rest Clientでは両方表示してくれたので困った)。

何か設定があるのではないかと思い、ToolsgtOptionsを探しましたが、それらしき設定がありませんでした。結局、目的の設定は最初の画面の「HTTP Request」にありました。

リダイレクトしない方法

「Etc.」タブにある「Follow HTTP Redirects?」チェックをはずします

すると、自動でリダイレクトされずに、ステータスコードが301や302のレスポンスヘッダを表示してくれるようになります。

コメント(1)

  1. Annabrugh
    2017年1月29日(日) 05:40

新しいコメントを投稿