LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINEアプリを最新版にアップデートしてください。アップデート後に再送してもらって下さい」について

LINE (1004)

Android版LINE 3.8.0において、メッセージの送信上限文字数が500文字から1万文字になるアップデートが行われました。これに関連するエラー表示について、公式による説明が不十分であるため、補足説明をしたいと思います。

謎のメッセージ

現在iPhone版LINEでメッセージを受信すると、メッセージの最後に勝手に文章が付けられてしまう事があります。

そのメッセージとは次のようなものです。

...LINEアプリを最新版にアップデートしてください
アップデート後に再送してもらって下さい
http://line.naver.jp/update

表示される理由は?

しかしこのメッセージ、どうしてこんなメッセージが表示されるのか、理由が書かれていません

実はこのメッセージは、1万文字の文字数制限に対応していないバージョンのLINEアプリを使っている人が、古い制限(500文字)以上の文字数のトークを受信したときに表示されます。

最後のURLは?

最後に「http://line.naver.jp/update」というURLが表示されます。これは、LINEのダウンロードページへのリンクで、iPhoneならiPhone用、AndroidならAndroid用の更新ページにジャンプします。これについても特に説明がないため、よくわからない怪しいURLと変わらない状態になっています。

iPhoneは最新版でも現在は未対応

しかし、iPhone版LINEは最新版でも対応していないため、アップデートしようとしても、これに対応した最新版はありませんし、すでに最新版を使っている人は、ダウンロードできる最新版自体がありません。

したがって、次回以降のアップデートを待つ必要があります。現在、Android版で先行公開されたブラウンの着せかえも最新版の公開待ちとなっていますが、これらはいずれも、iPhone版LINEが遅れる理由で解説した理由と同じことが原因であるとLINEが認めています。

絵文字によっては置き換えも

絵文字によっては、対応していない場合があるため、絵文字を表示する代わりに「(デレー)」や「(しゅん)」「(雨)」「(雲)」「(ブーイング)」のような「括弧付き絵文字名」の代替表示が行われます。

(デレー)、(しゅん)、(雨)、(雲)、(ブーイング)、(あはは)

それにしても表記揺れが気になる

それにしても、1文目が「ください」で、2文目が「下さい」となっていて、表記揺れが気になります。LINEは公式ですら日本語表現がおかしく、LINE公式のふりをしたデマ文章の日本語が多少おかしくても、LINE公式はこんな文章を書かない!と言いづらいのが現状です。もうすこし公式が出す文章に気を遣って欲しいところです。

LINE公式Twitterアカウントは変更を知らない

よくあることですが、今回もLINE公式Twitterアカウントは、LINEの仕様やアップデートの事を知らずに応答しているようです。

それにしても、自社ドメインのURLを「押してみたらこうなった」で答えるのは変で、これくらい"詳しい人"に聞けば明らかなこと。。。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(2)

  1. よりた
    2013年10月1日(火) 22:42

    LINE PREPAID CARDを購入したのですが携帯でチャージ出来ません

  2. セレナ
    2013年10月22日(火) 00:13

    よろしく(^-^)/

新しいコメントを投稿