情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitter埋め込みの「元のツイートを含める」「メディアを含める」が使えない理由と対策

Twitter (96)

だいぶ前から現在に至るまで、Twitterのツイート埋め込み用オプション「元のツイートを含める」「メディアを含める」が役立たず状態になっています。この対策は簡単なのですが、いつまで経っても覚えられず、何度も過去の記事を検索する羽目になっているので、この問題の理由と対策について、簡単にメモしておきます。

「元のツイートを含める」と「メディアを含める」

「元のツイートを含める」をオンにすると、リプライ先ツイートも埋め込まれます(実際にはjavascriptによって後から読み込まれるため、javascriptなしには表示されない)。

「メディアを含める」をオンにすると、ツイートに含まれているメディア(画像・動画など)が埋め込み表示されます。

これらは、リプライ先が存在したり、メディアが存在したりする場合のみ表示されるオプションです。ただ現在、このオプションをオンにしても、リプライ先は表示されてしまい、メディアも埋め込み表示されてしまいます。

原因

この原因は単純で、オプションをオンにしても、なぜか全く埋め込みようコードが変わらないからです。つまり、ボタンが完全に役立たず状態なのです。

対策

というわけで、それぞれ次のように手動で埋め込みようコードを変更してあげれば直ります。

「元のツイートを含める」

「元のツイートを含める」をオンにしたい場合には、blockquoteに「data-conversation="none"」を追加します。

つまり、「<blockquote class="twitter-tweet">」となっているのを、「<blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none">」に変更すればOKです(今のところは)。

「メディアを含める」

「メディアを含める」をオンにしたい場合には、blockquoteに「data-cards="hidden"」を追加します。

つまり、「<blockquote class="twitter-tweet">」となっているのを、「<blockquote class="twitter-tweet" data-cards="hidden">」に変更すればOKです(今のところは)。

「元のツイートを含める」と「メディアを含める」両方

両方同時にオンにしたい場合には、両方を同時に加えて「<blockquote class="twitter-tweet" data-conversation="none" data-cards="hidden">」に変更すればOKです(今のところは)。

ひとこと

いつになったら直るのでしょうか。。。もしかするとChromeかChrome拡張機能か何かが原因なのかもしれませんが

コメント(0)

新しいコメントを投稿