情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ノートンのウイルス対策ソフトの選び方

Windows (248) セキュリティ (62) ノートン (1)

ノートンのウイルス対策ソフトを調べてみると、ノートン○○がいろいろあって、どれを買えば良いのかすぐには分からなかったので、メモしておきます。

候補

http://jp.norton.com/からいろいろな製品を見ることができます。

要求はWindows PCで使いたい、というものなので、その時点で候補はざっくりここまで絞れます。括弧内は、amazonでの価格です。

比べてみる

ここでとりあえず製品比較表を見るわけですが、違いがすぐにはわかりにくい感じです。

すぐ分かるのは、ノートン360マルチデバイスには、ノートン360が含まれていて、それにMac用のものとスマホ用のものがくっついてくる感じ、つまり、WinPCだけで使う場合は、ノートン360だけで十分、ということになります。

ノートンインターネットセキュリティとノートンアンチウイルスは、比較表がぱっと見たところ完全に同じで違いが見当たりません。しかし、「その他」の中身に違いがあり、インターネットセキュリティのほうにのみ「お子様のネット利用を管理(ノートン オンラインファミリー)」にチェックが入っていました。その点以外、比較表からわかる違いはありません。

すると、この2つなら安い方で良さそう、となります。

じゃぁノートン360側とインターネットセキュリティ・アンチウイルス側で何が違うのかと見てみると、バックアップ機能があるかどうかだけでした。ノートン360にはバックアップ機能があり、インターネットセキュリティ・アンチウイルスにはその機能がありません。

ここまでまとめ

従って、候補間の違いは次のようにまとめることができます。

  • 「インターネットセキュリティ」と「アンチウイルス」はほぼ同じ
  • 「インターネットセキュリティ」に「バックアップ機能」を加えたのが「360」
  • 「360」に「Mac用」と「スマホ(Android)用」をくっつけたのが「360 マルチデバイス」

つまり、機能的には「360マルチデバイス ⊂ 360 ⊂ インターネットセキュリティ ⊂ アンチウイルス」で、それぞれの差はかなり小さい、と分かりました。

あとは値段の差なのですが、見当たらなかった360単体はいいとして、それぞれちゃんと包含関係の順になっていました。

バックアップ機能

あと説明していないのはバックアップ機能なのですが、オンラインストレージにバックアップするオンラインバックアップ機能と、ローカルディスクにバックアップするローカルバックアップ機能があるようなのですが、Acronis True Imageを使っている自分的にはそそられない機能でした。

結論

というわけで、結果同時購入で1000円引きキャンペーン中の「ノートン インターネット セキュリティ 」にすることにしました。

海外版・アジア版・中国版は?

気にしない。

コメント(0)

新しいコメントを投稿