情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

突然Twitterアカウントが使えなくなってから復旧するまでのメモ

Twitter (96)

突然Twitterが使えなくなりました。最終的に復旧しましたが、そのときの状況やエラーメッセージについて紹介します。

速報(2014年03月12日):再び類似の障害が大規模発生している模様です。詳細→「Twitterが突然ログアウトされログインできない障害発生中」 あくまで一時的な障害が原因であって、アカウント削除の心配はないと思われます。

強制ログアウト

Twitterのページをリロードすると、なぜかログアウトされていました。

ログイン失敗

なぜかログインしようとすると、次のエラーメッセージが表示されてしまいました。

twitter-session-page-error

技術的な問題が発生しています。

ユーザー名を再度ご確認ください

まるで、自分のTwitterアカウントが削除されてしまったかのようです

自分のTwitterページが開けない

そして、自分のTwitterページを開こうとすると、次の画面が表示されました。

twitter-user-page-error

申し訳ありません。そのページは存在しません

ご迷惑をお掛けしております。現在、復旧に向けて対応中です

クライアントからも

Janetterから投稿しようとすると、

ツイートに失敗しました。
Twitterの調子が悪いようです。

と表示され、twiccaから投稿しようとすると、

Twitter is over capacity.

と表示されてしまいました。

しばらくするとログイン後の画面に変化が

しばらく(10分程度)してから、もう一度ログインを試みると、先ほどまで出ていたエラーとは別のエラーになりました。

twitter-login-error-wait-for-60-minutes

おっと!ログインは少々お待ちください
迷惑行為を制限するために、時間あたりのログイン回数を制限します。

あなたがアカウントのパスワードを最近変更したのなら、再度ログインする前に、すべての他社製のTwitterアプリケーションとクライアントを閉じていることを確認してください。もっと詳しくは、ヘルプをご覧ください。

60分後にもう一度やり直して下さい

何度もログインを試みて失敗したことが迷惑行為(乗っ取り行為)と間違えられてこのような画面に誘導されたようです。つまり、復旧したようでした。

ログイン成功

実際にこの後1時間以上待ってから再度ログインを試みようとしたのですが、Twitter.comのトップページを開いてみると、すでにログイン済みのページが表示されました

よくわかりませんが、無事ログインに成功しました。

感想

紛らわしいエラーメッセージで、本当に一瞬Twitterアカウントが削除されてしまったのかと思いました。凍結されていたら「凍結済みアカウント」と表示されるはずなので、一発削除されたのかな?と。

しかし結局ただの障害だったようで、一安心です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿