情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

BackWPupでエラーが出てJobを実行できなかったときのメモ

BackWPup (6) WordPress (76)

自分がインストールしたわけではないWordPress上で BackWPUp 3.0.13 をインストールしたところ、「The HTTP response test get a error "couldn't connect to host"The HTTP response test get a false http status ()」というエラーが出てしまいました。そのときについてのメモです。

エラー

BackWPup 3.0.13 (BackWPup Free - WordPress Backup Plugin 3.0.13 by Inpsyde GmbH) をインストールしてJobの設定をして、実行しようとしたところ、次のエラーが出てしまいました。

The HTTP response test get a error "couldn't connect to host"The HTTP response test get a false http status ()

これは、バックアップ先をDropboxにしようが、ローカルにしようが、発生してしまうエラーでした。Apache周りの設定がおかしいのかも知れません。

ダウングレード

というわけで、ダウングレードをすれば解決するといういつものパターンに頼って、とりあえず3.0.8をOther Versionsのところからダウンロードしてきました。

一端BackWPupを停止&削除して、.zipアップロードで新規インストールしようとしました。しかし、

アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。

が出てしまいました(このとき、BackWPupのサイズは約4MBでした。)。

php.iniの変更

というわけで、php.iniに変更を加えます。

「locate php.ini」から、「/etc/php.ini」にphp.iniがあると分かったので、「upload_max_filesize = 2M」となっていたところを、「upload_max_filesize = 10M」にして保存しました。このままだと同じエラーが出てしまうので、「#service httpd restart (/bin/systemctl restart httpd.service)」

でも失敗

しかし、結局同じエラー(The HTTP response test get a error "couldn't connect to host"The HTTP response test get a false http status ())が出てしまいました。

Settings - Information に同じメッセージが

BackWPupの「Settings>Information」の「Server self connect」に、同じメッセージがありました。つまり、自分のサーバへの接続ができていないという意味のようなのです

ping送信

というわけで、サーバに設定してあるホスト名(www.~.jp)へ、pingを打ってみました。

すると、見事に「From 192.168.0.1 icmp_seq=5 Destination Host Unreachable」となってしまいました。それもそのはず、このホスト名は、グローバルIPに解決されて、そのグローバルIPを持っているルータの下にあるサーバからは到達できないのです。

というところまで分かったので、「vim /etc/hosts」で、hostsファイルをチェックしてみると、やはりなかったので、「127.0.0.1 www.~.jp」を加えました。

すると(これは再起動不要)「Server self connect:」のところが「Response Test O.K.」になりました。

Job実行成功

そして、Jobを開始してみると、見事にJobの実行に成功しました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿