情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Alcohol 52% Free Edition のWindows 8対応状況について

Windows 8 (36)

Alcohol 52% Free EditionをWindows 8にインストールする際に、いろいろと困ったことが発生したので、紹介します。

Windows 8 Pro 64bit です。

最新版がインストールできない

現在の最新版(2.0.2.5629)をインストールするために、「Alcohol52_FE_2.0.2.5629.exe」をダウンロードしてきてインストーラを起動します。そして、Advanced Installationで、「Make hao123 my browsers homepage and new tab」をオフにして、Showpassの「LyricsFan」や「Mobogenie」、「Whilokii」などのインストール(利用規約への同意)をスキップして、Alcohol本体のダウンロードが始まるのですが、この過程、もしくはダウンロード完了と同時にインストーラが落ちてしまいます。つまり、インストールできません。

旧バージョンはインストール可能

そこで、旧バージョンの「Alcohol52_FE_2.0.2.4713.exe」をインストールしました。こちらは、正常にインストールを完了することができます。

アンインストールできない?

しかし、これでインストールしても、Windows 8上の「プログラムと機能(プログラムのアンインストールまたは変更)」にAlcohol 52%が追加されず、そこからのアンインストールができません。

アンインストール方法

ただ、Windows 8のスタート画面に「Alcohol 52%」が表示されるので、それを右クリックすることで「アンインストール」を選択することができ、そこからAlcohol 52%をアンインストールすることができます。

また、「C:\Program Files (x86)\Alcohol Soft\Alcohol 52」にアンインストーラ(uninst.exe)があるので、それを起動することで、アンインストール作業ができるはずです。

まだ対応が怪しい?

というわけで、Windows 8への対応状態が怪しいため、注意して利用することをおすすめします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿