情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Google Analytics リアルタイム解析:デフォルトの分類が変更に

Google Analytics (14)

Google Adsenseのリアルタイム解析画面に関して、変わっている部分に気が付いたので、記録しておきます。

サマリー画面のユーザー分類が変更

今までリアルタイム解析のサマリーには、 「新規・リピーター」というリピーターかどうかの分類が表示されていました。それが今日から、「携帯電話・パソコン・タブレット」という分類の表示に変更されていました。

サマリー画面はすなわちリアルタイム解析のデフォルト画面に相当するため、Googleがそちらのほうが重要である、と何かしらの考えがあって表示を変更したのではないかと思います。確かに時間帯によって毎日変化が大きく、見ていて面白いのは「携帯電話・パソコン・タブレット」の表示のような気がします。自分の場合、最も「新規・リピーター」が変化するのはバズったときなのですが、それはアクティブユーザー数の急激な増加と被るので、リアルタイムで表示されていてもそんなに嬉しくないかな、という気がします。まぁ、「携帯電話・パソコン・タブレット」が表示されていても大して嬉しくありませんが。

というわけで、個人的には、変更後のほうが好きです。

滞在時間の判定がより正確に?

また、「現在○○人のアクティブユーザーがサイトを訪問しています」というアクティブユーザーの表示が妙に少ない、と思ったのですが、PVは今まで通り、というところに気が付きました。

偶然かもしれませんが、もしかすると滞在時間の判定に何かしらの変更があったのかも知れません。ちなみに、平均滞在時間も急に減っていました。

まだ1日すら経過していないので、はっきりとしたことはさっぱり分かりません。

コメント(0)

新しいコメントを投稿