LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「あなたに無料でなんでも好きなスタンプあげちゃいます」という文章が拡散中

LINE (1009) スパム (19)

LINEのタイムライン上で、文章を拡散して友だち申請したらスタンプを無料でもらえるという文章が広まっています。このような文章をどう解釈できるのかを解説します。

拡散している文章

なんと、この人あなたに 無料でなんでも好きなスタンプあげちゃいます♪

やり方は簡単

まずはこの記事をコピーして自分のタイムラインかTwitterに張り拡散

次にこの先にいるその人に友達申請してね

http://line.naver.jp/ti/p/Uxl9RP3H-R
「スタンプ欲しいです☆」などの簡単な挨拶をしてください♪

アカウント収集が目的の可能性

この文章を読むと、本当にスタンプがもらえるかどうかにかかわらず、アカウントを収集することが目的であると考えられます

実は、友だち申請をしてもらうということはつまり、相手にアカウントを教えるということになるので、そのアカウントに対して、迷惑トークの送信を許したり、ほかの迷惑アカウントにあなたのアカウントを紹介することを許したことになります

したがって、最終的にこのアカウントは、大量の迷惑メッセージ送信先のアカウントリストを作ることができます。

たとえば、サクラアカウントにその集めたアカウントを送信(紹介)して、そこからサクラサイト商法の流れを開始して利益をあげるかもしれません。

スタンプはもらえるの?

このメッセージの送信先アカウントを収集して得られる利益に対して、スタンプをプレゼントしても元が取れるのであればプレゼントするでしょうし、見合わないのであればプレゼントしないでしょう。そういう問題だと考えられます

関連:【LINE】「無料で有料スタンプをプレゼントしてくれる人」が儲ける仕組み

実際にもらえるかどうかを試す以前に、このようなことに考えを巡らすことも大切です。

しかしそれ以上に大切なのが、自分のアカウントを知らない人にもし得てしまうことから始まるリスクです

アカウントを教えてしまうリスク

アカウントを教えてしまうと、そこからいろいろな攻撃をされてしまう可能性があります。

最終的には迷惑メッセージ(スパムメッセージ)が来るようになることが予想できますが、それだけではなく、グループを介してあなたの友達のアカウント情報まで収集される可能性があります。

また、フィッシングサイトに誘導されてあなたのアカウントが乗っ取られて、あなたの友達一覧をすべて収集される可能性もあります

ほかにも、知らぬ間にアカウントのアイコンや名前が変わっていて誰かわからなくなったときに、どんなことをされるかわかりません。

アカウントを知られてしまったら

このように、安易に自分のLINEアカウントを教えてしまった場合は、最悪アカウントを削除して作り直すしかありません。詳細は次の記事を読んでみてください。

知らない人は友達追加しない

以上に紹介したことはほんの一例ですし、今回紹介した文章がこれらを目的にしているとは断定できません。しかし、容易にこのような可能性が考えられますし、こういうことを考えてiPhone・Androidスマートフォンを活用する必要があります。

そうして考えて得られる結論は、知らない人は友だち追加しないということです。これについては、LINE運営も推奨している利用方法です。

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿