LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE:「すでに終了された通話です」の意味と出る原因は?

LINE (1012) LINE-エラー (46) LINE-通話 (5)

LINEで電話がかかってきたときに、「すでに終了された通話です」と表示される場合があります。この意味を紹介します。

エラーメッセージ

LINEの通話機能や、ビデオ通話機能に出ようとしたとき、次のエラーが出ることがあります。

すでに終了された通話です。

また、次のエラーの場合もあります。

通話を接続できません。しばらくしてからもう一度かけ直してください。(-1)

意味

これは、意味合いとしては、「通話に応答するボタンを表示したんだけど、もう通話切れちゃってた、ごめん。ほら、タイムラグとかあってさ。」といった具合です。つまり、「もうこの通話は切れてました」という意味です。

原因

これらのメッセージは、着信に出る前に、相手が通話を「終了」した場合に表示されます

また、実際に「終了」しなくとも、通話開始直後に通信できなくなった(電波が悪くなった)場合も、同様の状態になり、このメッセージが出る場合があります。

※ただし、このような場合でも、ただ単に「不在着信」になることも多いです。

具体例:間違えて通話してしまって慌ててキャンセル

例えば「間違えて電話ボタンを押してしまった」「間違えてビデオ電話ボタンを押してしまった」ときに、慌ててキャンセル(終了)した場合に発生します。

突然電話してこなさそうな人から電話がかかってきたときは、特にこのパターンが多いと思います。

間違えて通話ボタンを押してしまう

トーク画面を開いたときに、何も送信する文字を入力していないと、送信ボタンの代わりに、通話ボタンが表示されます(設定を変更していない場合)

一応そのボタンを押した後に、もう一度「無料通話」のボタンが出ますが、すぐ近くに表示されるため、続けて間違えて押してしまいやすくなっています。

間違えてビデオ通話ボタンを押してしまう

友だちの個人画面を表示したときに、「トーク・無料通話・ビデオ通話」の3つのボタンが表示されます。

これが、以前のバージョンでは、一番右が「ビデオ通話」ではなく「ホーム」だったため、「ホームを押したつもりでビデオ通話してしまう」というパターンが発生しています。

まとめ

「すでに終了された通話です」と表示された場合は、とりあえず「間違えて通話ボタン押しちゃったのかな」と思っておけば良いと思います。

コメント(0)

新しいコメントを投稿