LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

iPhone版LINEが自動アップデートしないように設定する方法

iPhone (749) LINE (1012) LINE-アップデート (90)

LINEをわざと古いバージョンのまま使い続ける人は多く、さらに悪いことに、「アップデートで友達が消える不具合」が修正されないまま残っているため、「LINEが勝手にアップデートした」「LINEが強制アップデートされた」と怒っている人がそこそこいます。そこで、LINEが勝手に更新してしまう機能(自動アップデート)を止める設定方法を紹介します。

突然勝手にLINEがアップデートされる原因

「更新しないで使ってたのに、突然アップデートされた!」という場合は、もちろん設定で自動アップデートがONになっていたのが原因なのですが、そのきっかけはWi-Fiに接続したことだと思われます。

iPhone(iOS)の初期設定では、Wi-Fiに接続している時だけ、アプリを自動アップデートするようになっています。

そのため、初めてWi-Fiに接続したときに、「アップデートしないで使っていたLINEが強制アップデートされた!」となるパターンが多いようです

設定方法

そこで、その対策のためには、Wi-Fiだろうが3Gであろうが、自動アップデートを無効化してしまえばいいわけです。

設定方法は簡単で、ホーム画面にある設定アイコン(歯車)から、「設定>iTunes & App Store>自動ダウンロード>アップデート」のチェックを「オフ」にするだけです(緑がON、白がOFF)。

disable-auto-line-update-settings

これで、Wi-Fiに接続しても、自動アップデートになりません(ちなみに、画像はiOS 7.1.1 です)。

LINEの「強制アップデート」

LINEは、古いバージョンのままだと不具合が発生することこそありますが、古いバージョンを使っている人を強制的にアップデートさせる(アップデートしないと使えないと表示する)ことは滅多にありません(例:セキュリティホールを指摘されたバージョンの強制アップデート)。

LINEアップデートで発生した不具合

LINEアップデートで発生した不具合はかなり大量にありますが、その中で特に大きな不具合をいくつか挙げておきます。

こういうことがあるので、LINE最新版が公開されたときに様子を見ることは、なかなか有力な方法です。

LINEをアップデートしないまま使うことによる不具合

しかし、アップデートをしないままずっと使っていると、それはそれで不具合の原因となります。

特に、一番目立って問題になるのが、通知が来なくなる不具合です。

ですから、アップデート公開直後だけ様子を見て、特に大きな問題が起こってなさそうなら(@did2lineで確認)、手動でアップデートする、というのが良いと思います

アップデート前の準備も忘れずに

また、アップデートでのトラブル発生を避けるために、予めアップデート前の準備をしておくことをおすすめします(LINEのヘビーユーザーは特に)。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿