情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Sublime Textで大きなファイル編集中にマウスカーソルが動かせなくなったときの回避策

Sublime Text (5) Windows (248)

Sublime Textで大きいファイルを開いたときに一括編集する操作をしたら、Sublime Text自体が応答無しになるだけでなく、マウスカーソルまで動かせなくなってしまいました。クリックもできません。

時間が経過して処理が終われば再び動かせるようになり、Sublime Text自体も利用可能になるのですが、それまでPC全体を操作できなくなってしまいました。そんなときに実行した回避策を紹介。

ダメだった対策

ありがちですぐ試した対策は、こちら。

  • Esc
  • Win+Tab
  • Alt+Tab
  • キーボードを抜き差しする(HHKBのケーブルの抜き差し部分が目の前にあったので)

成功した対策

その次くらいに試したのが、「Win+L」、つまりロックのショートカットキーです。

これで、パスワード画面に戻ることに成功し、パスワードを入力して復帰すると、Sublime Text自体は固まったままの状態でしたが、マウスカーソルは動く状態に戻ることができました

Ctrl+Alt+Deleteでも大丈夫だったかもしれませんが、とりあえずWin+Lでうまく逃げ出せましたよ、というこをメモしておきます。

コメント(1)

  1. NoName
    2014年11月3日(月) 17:26

    大きなファイルもそうなのですが、
    自分はHTML/CSS/jQueryのコーディング中に半角のクオーテーション(ダブルクオーテーション)を入れるとSublimeが固まり、最悪の場合数分間応答がなくなります(マウスカーソルは無事です)。

    自分の場合原因はプラグイン「AutoFileName」でした。
    他のバージョンは分かりませんが、Sublime 2 × Windows 32bit版 では相性が悪かったみたいです。

新しいコメントを投稿