情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Wireshark+iPhoneで「User encapsulation not handled」が表示される場合の対策

Mac (30) Wireshark (5)

MacBook Pro を Marvericksにアップデートしたら、突如Wiresharkがうまくキャプチャ内容を表示できなくなってしまいました。その時の対策。

OS X 10.9 Marvericks、Wireshark 1.10.7。

状況

iPhoneのパケットキャプチャを実行すると、確かに生データはキャプチャできているようなのですが、パケットの中身がいつものように項目ごとに表示されず、

User encapsulation not handled: DLT=149, check your Preferences->Protocols->DTL_USER

と表示されてしまいます。

「Edit>Preference>DLT_USER」を見ても、解決策にはつながらなさそうでした。

Development Release

開発版のWireshark 1.11.3 (v1.11.3-0-g1dd5d3a from master) をインストールしました。すると、無事利用できるようになりました

Wiresharkの起動直後の画面があまりに今までと変わっていてびっくりしましたが、トレース画面は今までにわりと近かったです。ただ、それでもだいぶ変わっています。Wireshark 2 か?って思うくらいです。ぶっ飛んでました。

参考

これらの記事が参考になりましたが、結局とにかく一番新しいやつなら解決してるかも?で開発版を試してみた感じなので、そこまで参考にはできていません。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About