情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

tmuxを実行しても何も起こらず固まるようになってしまったときの対策メモ

Linux (23) tmux (1) Ubuntu (19)

tmuxプロセスをKillしてしまって、「tmux ls」や「tmux a」を実行しても何も表示されず、そのまま固まってしまい、「Ctrl+C」すら受け付けてもらえなくなった時の対処法を紹介します。

起動できないtmuxを復活する

「tmux a」「tmux ls」それどころか「tmux --help」すら実行できない(固まってしまって何も返ってこない)状態になってしまいました。

これは、試したいことがあってtmuxが起動している最中にtmuxのプロセスをKillしてしまったのが原因なのですが、一体何が起こっている、詳細はわかりません。

対策:セッション情報を削除する

結局、「/tmp」ディレクトリにあった「tmux-0」ディレクトリと「tmux-500」ディレクトリの2つ(= tmux-で始まるすべてのディレクトリ)を削除することで、再びtmuxが実行できるようになりました

このディレクトリはtmuxのセッションの状態が保存されていたので、これが何らかの形で破損した状態になってしまい、tmuxが起動できなくなってしまったのだと思われます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About