情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

中国の無料音楽サイトXiamiが著作権尊重のため中国国外にサービス提供しない旨を通知した模様

Xiami.com (10) 著作権 (20)

以前紹介した、Xiami.comという中国の無料音楽ストリーミングサービスについて、「日本国内からのアクセスを遮断する」という噂を入手したので、それが本当なのか調べてみました。どうやら、実際に中国国外からのサービス利用を廃止する予定のようなのですが、中国語の壁が激しいので、結構困りました。とはいえ、直接良い翻訳はできなくとも、情報を組み合わせて意味の可能性を限定することはできるはず、でやってみました

xiami-vip-details-mini

Xiamiって何?

Xiamiって初耳、な人は、こちらの記事をちら見してみてください。

Xiamiからのメール

Xiami(虾米)から、Xiamiの海外からの利用に関するメールが届いているという情報をキャッチしました。日本語情報は当然ほぼなく、新しい情報なので、とりあえず微博(weibo.com)から関連する投稿を漁りました(例:「虾米 海外」で検索)。

そこでは、関連する投稿がたくさん見つかりました。そして、Xiamiが海外からの利用を遮断する予定であることが分かりました。

こちらがメール本文のようです。

重要通知:请身处海外的您悉知!
发件人:淘宝网 <service * smtp.mail.taobao.com>
时 间:2014年5月21日(星期三) 下午3:26

亲爱的用户:
为尊重音乐版权,自2014年5月20日起,虾米音乐不再向非中国大陆地区的用户提供服务,如果您目前正在非中国大陆地区探亲、旅行或作短期的逗留,您可以选择开通虾米音乐之VIP会员服务,享受“旅行漫游”的服务;如有问题或意见,请联系mobile.team * xiami.com 引用元

taobao.comからの送信になっている理由はよくわかりませんが、taobaoもxiamiも同じ阿里巴巴グループなので、メール配信機能が共通なのかもしれません。

またこのメールについてですが、当然のことながらメールアドレスがXiamiに把握されているので、Xiamiに会員登録済みのユーザー(無料会員またはVIP会員)に対して送信されたメールだと思います。

Xiamiからのメール(日本語翻訳版)

この本文を、いろいろな中国語→日本語の機械翻訳サイト5ヵ所ほどと、中国語から英語への翻訳やら辞書やらを使って意味を汲みとった結果がこちらです。

著作権を尊重するために、2014年5月20日より、Xiamiは中国本土外のユーザーに対し、サービスを提供いたしません
出張や旅行などで中国国外に一時的に滞在しているユーザーに対しては、xiamiのVIP会員サービスを開放します。
質問やコメントのある方は、次のメールアドレスまで連絡してください。

大きな間違いがなければ、ここまでくればいいかな、と思ったところで翻訳終了。

あくまでこのメール中では中国国外の「IPアドレス/アクセス」などではなく、中国国外の「ユーザー」という記述を利用しており、また、続く文章からも、現在中国国外にいる中国国内のユーザーについて配慮しているようです。

この文章の後半の解釈が難しいのですが(※後に改善)、とりあえず読み取れる重要な事項は、(IPアドレスなどによる完全な遮断まで現時点では行っていないにしても、)

Xiamiが日本のユーザーに対してサービスを提供していない(提供する意図はない)

ということです。

しかし、"真意"を読み解くにはこれだけでは情報不足で、Xiamiが国外ユーザーからのアクセスを、国外に滞在している国内ユーザーだとみなすことで、海外からのアクセスを正当化する可能性も考えられると思いました

ちなみに、「著作権尊重のため」と書いてありますが、「中国国内での著作権問題はどうなの?」というのは以前調査済みです。

もう一つのメール

実は、weiboで見つかるメールには大きく分けて2つあり、「2ヶ月」という記述があるものと無いものに分かれていました。

そのもう一種類のメールがこちら。

尊重音乐版权,从2014年5月20日起,虾米音乐不再向非中国大陆地区的用户提供服务。经后台数据显示你最近经常使用虾米,考虑到你可能正在海外出差或旅游,虾小米特送上2个月 VIP 以保证你在海外可以正常使用虾米音乐(http://weibo.com/1675735087/B53STg6CE)

だいたい文章は一緒で、ちょっと「经后台数据显示你最近经常使用虾米」あたりの中盤がよくわからないのですが、後半部分で、先ほどまでよく分からなかった、提供するVIPサービスが2ヶ月に限定されたものであることが分かります

また、これに関連して、

今天一打开虾米就收到通知:

亲爱的大虾,为尊重音乐版权,从2014年5月20日起,虾米音乐不再向非中国大陆地区的用户提供服务。经后台数据显示你最近经常使用虾米,考虑到你可能正在海外出差或旅游,虾小米特送上2个月 VIP 以保证你在海外可以正常使用虾米音乐。 17小时前


激动啊……免费下200首歌! 引用元

「200曲が無料になる!」という書き込みを発見できました。VIPサービスは、毎月100曲のダウンロードか可能になる有料サービスなので、2ヶ月分で200曲、という話と合致します(ちょっと中国語翻訳の確度が高まりました、くらいの意味)。

VIPサービスについて知る必要がありそうだ

さて、ここで、かなり大きな疑問が湧きました。

どうして海外ユーザーに対して、VIPサービスを無料提供したのか。簡単にいえば、どうして海外サービス終了でVIPサービスを提供したのか、VIPサービスと海外ユーザーに何の関係があるのかが謎、ということです。

ここで、「VIPサービスがそもそも国内向けのサービスであり(無料アカウントも含めて)、なおかつ、VIPサービスに、海外からのアクセスを許可する特典があるのではないか」という仮説が思い浮かびました。

そこで、XiamiのVIP会員の詳細情報ページにある、注意書き4番から重要な記述を見つけました。

旅行漫游中国大陆的虾米 VIP 会员在非中国大陆国家/地区旅行时可以无限制享受虾米音乐的服务引用元

ざっくり言って「VIP会員なら中国国外からでもアクセス制限なく利用できます」という文章です。仮説のとおりでした。

この機能の名称が「旅行漫游」という機能だそうで、この4文字は最初に紹介したメール本文に登場していました(享受“旅行漫游”的服务)。

なので、最初のメール後半の日本語訳は、少し改善できそうです。

xiamiのVIP会員サービスを開放します。

xiamiのVIP会員向け機能「旅行漫游」を開放します。

というわけで、2つのメールを総合すると、VIP会員そのものというより、この海外からアクセスできる機能を提供するよ、ってことだったのでしょう(なので、200曲無料なのかはわかりません)。

つまり、

海外へのサービス提供を廃止する前に、猶予期間を設けるよ

ということになります。そしてその期間が2ヶ月、と。

海外へのサービス提供停止に合わせた「旅行漫游」機能の提供開始

ここまで調べて、メール冒頭が気になり始めました。

それは、「2014年5月20日から海外へのサービス提供をやめます」となっていたことです。じゃぁ今まではどうだったのか、と。

先ほどのVIP会員サービスの記述からして、「旅行漫游」という機能は、はじめから海外へのサービス提供をやめていなければ、役に立たない機能だからです

つまり、極端な話、5月22日以降でないと、無意味な機能になってしまいます。何かしら誤解があるようです。

私が考えた有力だけれどちょっと本当かな?な仮説が「実は今回の『海外提供停止』にあわせて、VIP会員に『旅行漫游』の機能を追加したのではないか」というものです。

さて、規約ページのGoogleのCacheは5/21 15:36:04 GMT で新しすぎました。これでは、メール配信日時点なので、遅すぎます。そして、やはり「旅行漫游」の記述がありました。

続いて、Internet ArchiveのWayback Machine上にある最新のアーカイブを見てみると、5月16日時点のVIP会員のページに、「旅行漫游」機能の記述が存在しないことがわかりました。

というわけで、海外からの利用が可能になるVIP会員の特典「旅行漫游」は、「今回の海外へのサービス提供停止」にあわせて設定されたサービスである可能性が濃厚となりました。

Xiamiのメールは建前ではなさそう

そんなこんなで、もしこれでちゃんと2ヶ月後に海外からの利用が制限されたとしたら、メールの内容は建前で、海外からのアクセスを海外在住の国内ユーザーとみなすというのが本音だ、なんてことはなかったといえそうです。

しかし、ここまでの分析から、海外からのアクセスを許可する機能を有料サービスとしてリリースしてしまった以上、海外からのアクセスを遮断しない、ということは詐欺的な扱いを受けかねないため、だいぶ可能性として低くなったと思います

したがって、メールを読み始めた当初に比べると、Xiamiのメールで言っていた「著作権尊重のため」という理由に対する信用はだいぶ高まりました。

もちろん、これらの内容について確定・断定はできませんが、とりあえずは2ヶ月後に何が起こるのか、が気になるところです。何も起こらず、そのままになるか、猶予期間が堂々と延長される気がしてなりませんけど。。。

まとめ

というわけで、ここまでの軽い分析を踏まえると、分析結果を次のように整理できます。

  • Xiamiは、著作権尊重のため、2014年5月20日付けで、中国国外に対するサービスの提供を廃止した(それ以前の海外利用者についてどう考えていたのかは、はっきりしないので注意)
  • しかし、海外出張する中国国内のユーザーの事も考えて、海外からのアクセスを可能にする機能(旅行漫游)を、VIP会員(有料会員)向けにリリースした
  • また、移行期間を2ヶ月に設定し、2ヶ月間は「旅行漫游」機能を無料開放することにしたよ、と会員に通知(しかし、まだ海外から非登録ユーザーが利用できている)
  • ※ただし、ここにはXiamiの建前や、実際には実行されない予定が含まれる可能性に注意

つまり、(あくまで猶予期間ですでに海外ユーザーに対してサービスを提供していないが、)海外ユーザーはとりあえず2ヶ月は自由に利用でき、2ヶ月後以降はVIP会員でなければ海外からの利用できなくなる、ということです。

「じゃぁ日本の人は2ヶ月後にVIP会員になればいいのか」ということが思いつくかもしれませんが、分析内容を見て分かる通り、VIP会員自体も国内ユーザー向けであって、そのような中国国内に住んでいるユーザー以外の利用はXiamiの意図するところではない、ということのようです。

このあたりの細かいことは別にしても、とにかくこれははっきりしたと思います。

現在、Xiamiは、日本のユーザーに対してはサービスを提供していない(2014-5-20以降・猶予期間あり)」

ひとこと

中国語翻訳能力(テクニック)がちょっと上がりました。

一応補足しておくと、分析から想像できるように、xiamiを裏側で利用しているアプリの機能が、今回のメールの影響ですぐさま停止されることはないかと思います。ただし、別途対応が行われる可能性は結構ありそうです。

↑リツイート用ツイート。

予告

追記:制限開始の模様

海外からのアクセス制限が開始された模様です。詳細はこちら:「使えなくなったの声多数:日本からのアクセス制限開始(Xiami is currently not available in your country.)

コメント(0)

新しいコメントを投稿