LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】乗っ取り被害・なりすまし被害の通報・問い合わせ方法

LINE (1015) LINE-なりすまし (9) LINE-問い合わせ (8) LINE-犯罪 (5)

LINEアカウントが「乗っとり被害」や「なりすまし被害」にあったときや、乗っ取られた可能性があるときの、LINEの運営会社への通報・問い合わせ方法について紹介します(※今回の乗っ取り被害について説明したLINE公式のページには、17日現在、問い合わせ方法の説明が一切ありません)

なりすましにより、詐欺などの被害が出た場合(例えば、お金をだまし取られた場合)には、警察への通報も必要かもしれませんが、ここではLINEの運営会社への問い合わせ方法を紹介します(LINEの運営会社へ問い合わせることで、本当に乗っ取られたのか、ただの勘違いなのかを判断してもらえます)。

naver-line-contact-form

乗っとり被害の通報・問い合わせ先

通報及び問い合わせは、アプリ内からもできます。しかし、アプリが起動できない、ログイン出来ない状態も考えると、「問題報告フォーム」から通報することがオススメです。

通報・問い合わせ方法

問題報告フォームを開きます。

naver-line-contact-form

基本情報の入力

最初に基本情報を入力してください。

使用デバイス(PCからの場合入力が必要)

(この項目は、iPhoneなどのスマートフォンからアクセスした場合表示されません)

使用デバイス」で「iPhone」や「Android」など、機種情報を入力します(究極どれを選べばよいのかよく分からなければ「iPhone」を選択しておけばいいです)

サービス

次に、「サービス」で、「LINE」を選びます。

カテゴリ

続いて、「カテゴリ」で、「自分のアカウントが盗まれた」という適切な選択肢があるので、これを選択してください。

詳細

詳細」は、「自分のアカウントが知らない人に使われている」を選びます(現在これしか選択できません)。

残りの「返信用メールアドレス」「利用国」「登録電話番号」「登録メールアドレス」を順に入力してください(未設定の場合は空欄でもOK)。

詳細情報の入力

自由記述欄には、テンプレート文(定型文)が自動入力されるので、各項目に答えてください。

 【以下の全ての質問にお答えください】
1)問題が発生する直前で行われた操作で該当するものをお聞かせください
※いずれかに 〇 をいれてください
( )他国の電話番号で認証を行った
( )他の端末へアカウントの引継ぎを行った
( )どちらの操作も行っていない

2)利用できなくなってしまったお客さまのご登録情報
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
機種名:

3)現在利用されているLINEの情報/新しく作成されたLINEの情報
電話番号:
メールアドレス:
表示名:
LINE ID:
機種名:

4)保有していた有料アイテムについてお聞かせください
※該当する内容に ○ をいれてください
( )有料スタンプ(プレゼント含む)を保有していた
( )有料コインを保有していた
( )有料着せかえ(プレゼント含む)を保有していた
( )LINEウェブストアにてLINEクレジット残高があった
( )有料アイテムは何も持っていなかった

5)LINEを利用したことがある電話番号、メールアドレスなどが他にもある場合はすべてお聞かせください
※(2)以外に登録したことがある情報がない場合は、「なし」と記入してください。
電話番号:
メールアドレス:
LINE ID:
機種名:

6)LINEアカウントが乗っ取られたと判断した理由の詳細をお聞かせください

各項目について解説します。

1)問題が発生する直前で行われた操作で該当するものをお聞かせください

「他国の電話番号で認証を行った」「他の端末へアカウントの引継ぎを行った」「どちらの操作も行っていない」の3つから、適切なものを選択してください。特に最近何もしておらず、普通に国内の電話番号で認証していれば、「どちらの操作も行っていない」を選択してください。

背景解説

この質問は、「乗っ取られた」が勘違いかどうかの判断材料になります。

もしここで、「他の端末へアカウントの引継ぎを行った」と答えた場合、前の端末で「利用することができません。他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます」と表示されるのですが、これが乗っ取られた時にも表示される場合があるので、ここで予め質問することで、この可能性をチェックできます。

利用することができません。他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます。

つまり、機種変更手順は、乗っ取りの手順でもあるので、アカウントの持ち主がその操作をしたのか、犯人がその操作をしたのかを見分けようとしています

もう一つの選択肢「他国の電話番号で認証を行った」では、犯人が海外の電話番号を使ってログインしており、これもアカウントの持ち主が操作したのかどうかを判断する材料にしているのだと推定されます。

2)利用できなくなってしまったお客さまのご登録情報

乗っ取られてしまったLINEアカウントに登録していた「電話番号」「メールアドレス」「LINE ID」「機種名」を入力します。

覚えていない場合は空欄にするのではなく、覚えていないと書いたほうが良さそうです。

背景解説

この質問で、乗っ取られたアカウントを、LINEの運営会社側で特定するために必要な情報を聞いています。

3)現在利用されているLINEの情報/新しく作成されたLINEの情報

この質問項目が何を指しているのかわかりづらいのですが、乗っ取られた後に、自分で作りなおしたアカウントの情報を入力する欄だと思われます。

背景解説

復元対応などの際に、既に使い始めてしまったアカウントも把握しておく必要があるので、使い始めた新しいアカウントを特定するための情報を聞いています。

4)保有していた有料アイテムについてお聞かせください

有料スタンプなど、アカウントで購入していたものについて答えてください

背景解説

この情報を参考に、対応内容を精査しています。アカウントに課金していた場合、それらの課金情報を復元するための参考情報にすると思われます。

5)LINEを利用したことがある電話番号、メールアドレスなどが他にもある場合はすべてお聞かせください

LINEで利用したことのある電話番号とメールアドレスを入力します。特にない場合が多いと思いますその場合は「なし」とだけ入力します

背景解説

他に利用していた電話番号があるかどうかで、乗っ取られたかどうかの判断と、犯人の情報とユーザーの情報を区別するための参考情報になります。

例えば、もし、この質問で「なし」と答えていたはずなのに、「2)」とは別のメールアドレスが登録されていた場合、それは犯人が勝手に登録したメールアドレスであると分かります。また、電話番号についてもそうです。

6)LINEアカウントが乗っ取られたと判断した理由の詳細をお聞かせください

これが一番重要だと思います。どうして乗っ取られたと思ったのか、を「詳細に」説明してください。適当に「勝手に発言していた」だけでは、バグなのか何なのかわかりません。ここでできるだけ詳細に伝えましょう。友だちから「乗っ取られてるのでは?」と教えてもらった場合は、そのことについても書きましょう

背景解説

「LINEアカウントが乗っ取られた」と発言している人が、実はただの勘違いだったということはよくあります。実際に乗っ取られていたかどうかを判断して、運営側が乗っ取りではないと判断したときに、どうして勘違いしたかを説明するのにも利用できますし、この部分から、勘違いだと判断することも容易です。

画像の添付

「添付」ボタンから画像を追加できます。あなたのアカウントを乗っ取られて、その乗っ取られた状態のアカウントを利用して詐欺が行われたとわかっている場合、その被害に遭遇した友だちのスクリーンショットを添付すると良いと思います。

送信

最後に「送信」ボタンを押して、送信できます。

返信を待つ

LINE運営からの返信を待ちます。携帯のメールアドレスを、返信用メールアドレスに入力した場合は、「line.me」からのメールを受信できるように、ドメイン指定設定を解除しておいてください。また、返信が迷惑メールフォルダに入っている場合があるので、迷惑メールフォルダもチェックするようにしてください

乗っ取り被害の例

乗っ取りにより、次のような詐欺被害が発生しています。

【LINE】乗っ取ったLINEアカウントを悪用する「お使い詐欺」の手口 | LINEの仕組み

コメント(0)

新しいコメントを投稿