情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【LaTeX】W32TeXの旧バージョンをインストールする方法(トラブル対策)

LaTeX (24)

簡単LaTeXインストール記事にしたがって、LaTeX環境をインストールする場合を対象に、旧バージョンをインストールする方法を紹介します。以前から、LaTeX本体(W32TeX)への変更が原因で、インストール作業に問題が発生することがあり、対応が行われるまで対応が難しいことがありました。そんなとき、旧バージョンをインストールできれば、問題回避に役立つかと思います。

基本のインストール手順

基本のインストール手順は次の記事に書いてあり、その通りに作業すると、最新版がインストールできます。

最初から用意されているW32TeXのインストールURLは最新版用

途中の手順で、インストール先として「http://www.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/」が初期設定で指定されています。

abtexinst-w32tex-default-url

また、そこでは、以下のURLから選択できます。

  • http://www.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • http://www.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • http://ftp.kddilabs.jp/TeX/ptex-win32/current/
  • http://ctan.ijs.si/mirror/w32tex/current/
  • http://core.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • ftp://ftp.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • ftp://core.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
  • ftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/TeX/win32/
  • ftp://ftp.kddilabs.jp/TeX/ptex-win32/current/

しかし、これらはすべて最新版をインストールするためのURLです。

旧バージョンのインストール方法

旧バージョンをインストールするには、TeXインストーラ3を起動してからの序盤の、下の設定画面が表示されたときに、URLのすぐ下にある「一覧以外を使う」を「ON」にして、下の入力欄に「http://eplang.jp/w32tex/archive/2014/07/01/current/」と入力すればOKです。

latex-installer-3-w32tex-20140701-version-install-settings-mod

これで手順を進めると、W32TeX(TeX本体)の旧バージョンがインストールされます

URLの「2014/07/01」の部分が日付を表しており、このURLでは、2014年7月1日バージョンがインストールされます。

旧バージョン一覧

http://eplang.jp/w32tex/archive/」で、用意されている過去バージョンの一覧が閲覧できるので、ほかの日付のバージョンをインストールしたい場合は、リンク先をチェックしてください。

たくさんのディレクトリがありますが、古いものはあまり存在しないので、インストール可能な過去バージョンが存在するかを、「http://eplang.jp/w32tex/archive/XXXX/XX/XX/current/」にウェブブラウザから一度アクセスしてチェックしてから、設定するようにしてください。

間違ったURLを指定すると

間違ったURL(存在しない、スペルミス)を入力して先に進んでしまうと、その他ソフトのインストール設定の「次へ」をクリックして、ファイルの情報を取得する時点で「接続時にエラー発生」というエラーが出てしまいます。その際は、前述の方法でファイルの存在を確認してから、もう一度試してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About