情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【LaTeX】dvipdfmxでdviからpdfへの変換に失敗する問題について

LaTeX (24)

現在、dvipdfmxを実行してpdfが生成できない・エラーになる問題が発生しているようです。なぜウェブサービスでもないのに「現在」なのかというと、現在、インストールに利用されるW32TeXのミラーサーバー上で一部のファイルが不足していることが原因になっていて、最近インストールした場合(7月1日以降*)に、インストールが不完全になっているからです。これについて、原因と対策を紹介します(現在twitter上をdvipdfmxで検索してみると、それらしき症状で困っている人がたくさん見つかります)

*7月1日以降:7月1日のアーカイブにはweb2c-libが存在していて、その次の7月6日のアーカイブから欠落しているので、より正確にはその空白期間の"どこか"以降

症状

よくpdfへの変換に利用されるdvipdfmxを用いて、dviを「dvipdfmx *.dvi」のように変換しようとしたとき、次のような特徴のある問題が発生します。

  • PDFが作成されない
  • .dviなどのが消えてしまう(.dviなど:.texから.pdfを作るまでに作成された中間ファイルたち)
  • dvipdfmx実行時に「** ERROR ** Could not find encoding file "H".」「Output file removed.」「Unable to find TFM file “cmr10″.」などのエラーが出る
  • その他、dvipdfmx実行時に、ファイルが見つからない系のエラーが出る(特に、フォント周辺がないと言われる)

原因

今のところ、これらのエラーの原因となっているのは、よく「LaTeX本体」として利用される「W32TeX」が配布されているミラーサーバーたちから、web2c-lib.tar.xzが削除されているからではないかと予想しています。

W32TeX公式ページには、複数のミラーサーバー(HTTP/FTP)が紹介されていますが、いずれも web2c-lib.tar.xz が不足しています

原因のチェック方法

これが原因かどうかのチェック方法を紹介します。もし、ダウンロードしたアーカイブが残っている場合は、 web2c-lib.tar.xzが存在するか確認してください。また、web2c-lib.tar.xzの中身からインストールされる「share\texmf-dist\fonts\cmap\adobemapping」というフォルダが存在するかを確認してみてください。

対策

というわけで、過去バージョンをインストールするのがおすすめです。

過去バージョンと言っても、W32TeXの公式ページで紹介されているミラーサーバーたちは、基本的に最新版しか置かれていません

そこで探してみると、過去バージョンが、 http://eplang.jp/w32tex/archive/ にアーカイブされているようでした。

というわけで、ここからW32TeX一式をダウンロードして再インストールするか、 web2c-lib.tar.xz のみをダウンロードして再インストールするというのが対策になります(*一式ダウンロードではエラーが回避できることを確認しましたが、web2c-lib.tar.xzのみでエラーが解決されるかは試していません)

※web2c-lib.tar.xz のみのダウンロードを試す人向けにURLを載せておくと、 2014年7月1日のバージョンの場合 http://eplang.jp/w32tex/archive/2014/07/01/current/web2c-lib.tar.xz となります。

コメント(3)

  1. kt128
    2014年7月13日(日) 00:29

    07/01版で再インストールして、web2c-lib.tar.xzのインストールに成功しても、『** ERROR ** Could not find encoding file “H”.』のエラーが起きていたのですが、解決したので解決法を書いておきます。

    [解決法]
    /share/texmf-dist/web2c/texmf.cnfを以下のように書き換えることで正常にPDFへと変換できるようになりました。
    (修正前)
    CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap//;c:/usr/Resource/CMap//
    (修正後)
    CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap//;c:/usr/Resource/CMap//C:/w32tex/share/texmf-dist/fonts/cmap/adobemapping//

  2. yypoppo
    2014年9月21日(日) 02:55

    参考になります。ありがとうございます。

    abtexinst_0_84r6 のインストーラでdownload先をこの記事のものに置き換えてインストールした際、dviからpdfに変換できない問題が発生したので、整理しておきます。
    ・環境
     OS: Windows8 64bit
    ・原因
     dvipdfmが利用できないことが原因。その原因はdvipdfm-w32.tar.xzが解凍されておらず、PATHが通っているw32tex\binの下にdvipdfmがないこと(bin64の下にはdvipdfm-w64.tar.xzの展開結果と思われるファイルがある)。
    ・対処
     上記のものを解凍し、win32tex\bin, win32tex\share配下に配置する

  3. torahugu
    2015年12月18日(金) 15:17

    dvipdfmx hoge.dvi

    を実行すると

    draft-151217.dvi -> draft-151217.pdf
    [1
    dvipdfmx:fatal: Unable to find TFM file “goth10”.
    Output file removed.

    とエラーが出ました。
    tex->dviの変換の方は正しく実行されており, dviファイルも閲覧できるのですが, dvi->pdfの変換のみ上手くいきません。
    一応pdfファイルは生成されているようですが, もちろん閲覧もできませんし, pdfファイルを削除しようとすると,
    「dvipdfmx.exeによってファイルは開かれているため, 操作を完了できません」
    というエラーメッセージも出ます。

    ご助言を賜れればと思います。
    宜しくお願いします。

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About