情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

マネーフォワード+ReceRecoで現金(財布の中身)の管理を開始したときのメモ

ReceReco (1) マネーフォワード (6) 家計簿 (2)

マネーフォワードは、銀行口座やクレジットカードを使ったお金の出入りを自動で管理してくれる便利なやつですが、現金の管理はそれほど強くありません。そこで、レシートを読み込んだりが簡単に出来るReceRecoというアプリをマネーフォワードと連携させて、現金をReceRecoに管理させることにしました(別に特別なことではない)。そのときのメモを。

ReceRecoに登録

まず、iPhone版ReceRecoアプリをダウンロードして、アカウントを作りました。そして、1枚レシートを読み込んでみました。

マネーフォワードで「財布(現金管理)」を作成する

この後、マネーフォワードに連携させようとすると、ReceRecoから、現金の支払い情報が読み込まれます。

このとき、マネーフォワードには、どこからそのお金が出されたのか、を指定してあげる必要があります

ReceRecoの使い方的に、出所は「現金」です。

なので、ReceReco連携をする前に、とりあえず「現金」を管理するための「財布」をマネーフォワードアカウント上に作る必要があります。

作り方は、銀行口座の追加と同じ「金融機関追加」から、「財布(現金管理)」を選択して先に進めていきます

財布の登録画面が表示されたら、「財布の名前」にとりあえず「財布」、「残高」に「財布の中身の現金」、「ATM引き出しとの連動」をそのまま(全選択)にして、「登録」をクリックします

今後、支出を手入力されますと、財布の残高が減少します。ご記入後、表示されている残高と実際の残高が異なる場合には、財布の残高調整機能をご利用下さい。

と表示されるので、覚えておきましょう。

ReceReco連携

現金資産が作成できたら、「設定変更」→「金融機関追加」→「アラタに金融機関を登録する>カテゴリから選択する>その他」→「ReceReco」と進みます。

「ReceRecoと連携する」をクリックして、パスワードを入力してログインし、許可をすると、またマネーフォワードの画面に戻ってきて、金融機関登録が開始されます。

ここで、「店舗名から取り込む(レシート1枚を1件として取り込む)」と「品目から取り込む(レシートの明細単位で取り込む)」が表示されるので、私は「店舗名から取り込む」にしました。

「連動する口座(選択した口座からの支出となります)」では、先ほど作成したばかりの「財布」を選択肢、「自動取得対象の開始日」では「取得可能データは全て取り込む」にしました(すでに手入力済みの現金の出入りがなかったため)。

設定後「登録」をクリックしました。

現金の出入り管理開始

これで、ReceRecoに登録したレシート(現金の出費)がマネーフォワードに取り込まれるようになります。楽しいです。

レシートが無い現金の出入りはどうする?

ここで問題になるのが、レシートが無い現金の出入り全般です。

銀行からの引き出しは、マネーフォワードが自動連携してくれますが、現金を受け取った場合(飲み会の幹事になったときとか)は、自分で入力しなければなりません。

これをマネーフォワードでするのか、レシレコでするのか、という話です。

出費についても同様で、レシートの出ないお店ではどうするのか、お店ではなく、立て替えてもらっていた代金を現金で渡した場合にどうするのか、など、とにかくレシートが伴わない現金の減少(出費)についても、マネーフォワードで記録するか、レシレコで記録するか、考えなければいけません

単純な割り切りでは、「とにかく現金はレシレコで(ATM自動連携を除く)」という方針と、「レシレコは本当にレシートだけ」という方針の2つが考えられます

さて、どっちがよいのか。

とりあえずレシレコで、現金の入金をどうやって登録すれば良いのかをアプリ上で見てみたのですが、レシートの一覧から手動記入はあるのですが、当然レシートの一覧なので、出費のみの扱いのようでした。。。

また、お店以外への現金出費も、扱いにくそうでした(必ずお店を入力する)。

「レシートのある出費」以外はすべてマネーフォワードで

というわけで、結果、レシートのある出費以外はマネーフォワードで行うことにしました。

ReceRecoのことをもっとよく知った状態で使い始めた人なら、こんなこと迷いもしないのかもしれません。

もっと実践的には、「基本的に全てマネーフォワードで管理する。でも、レシートから入力したいときは、ReceRecoを使う」ということになりそうです。とにかく基本はマネーフォワードで、レシートを読み込みたい、と思ったときだけReceReco、と。

さて、マネーフォワードとReceRecoの役割分担をこのように考えてみると、ReceRecoが単なるレシート読み込みアプリに過ぎず、マネーフォワードにレシート読み込み機能が付いたらそれで終わりじゃん?(ReceReco不要)ということになります(分類だとかタグ付けだとか、使い込めば違いが出てくるのかもしれないが、それすらマネーフォワードネイティブにしちゃえば…という願望)。

わざわざアプリを使い分けるのも戸惑うことが増えそうなので、マネーフォワードにレシート読み込み機能が付いてくれると楽なのですが。。。まぁ、もしそんなことになればきっとマネーフォワードとReceRecoの中が悪くなってしまう気がするので(提携した、と大々的にアピールしてるし)、期待できない気がします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿