情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

高級グラボ不要の10面ディスプレイ構成メモ

4K液晶ディスプレイ (4) ディスプレイ (14) マルチディスプレイ (22)

EIZOの4KディスプレイFlexScan EV3237を購入し、9面ディスプレイ環境のディスプレイをひとつ入れ替えたのですが、そこからさらにケーブルを買い足し、入れ替えに取り外されたディスプレイを復帰させて10面ディスプレイにしました(もちろん、10台のディスプレイが接続されているのはPC一台)。その構成をメモしておきます。

10th-monitor

↑滅多にお目にかかれないであろう、ディスプレイの識別での2桁表示。

構成

  • ASUS Z87-PRO + Intel Graphics 4600(オンボードグラフィックス)
    • (DisplayPort) EIZO FlexScan EV2736W-FSBK (2560x1440)
    • (DVI) Dell 2209WA (1680x1050)
  • GIGABYTE Radeon HD7770 1GB PCI-E GV-R777OC-1GD REV2.0/A
    • (DVI) Dell U2412M (1920x1200)
    • (DisplayPort) Dell U2713HM (2560x1440)
    • (DisplayPort) Dell U2713HM (2560x1440)
  • 玄人志向 Radeon HD7750 1GB PCI-E RH7750-E1GHD/A
    • (DVI) Dell IO-DATA LCD-AD194G (1280x1024) [復帰]
    • (HDMI) [HDMI-DVI変換ケーブル] IO-DATA LCD-AD221X (1680x1050) [移動]
    • (DisplayPort) EIZO FlexScan EV3237 (3840x2160 4K)
  • 玄人志向 Radeon HD7750 1GB PCI-E RH7750-E1GHD
    • (DVI) Dell U2412M (1920x1200) [移動]
    • (DisplayPort) Dell U2713HM (2560x1440)

単なる追加だけでなく、接続場所の移動(交換)が含まれていますが、これは別に入れ替えないと動作しなかった、というわけではなく、9面ディスプレイの記事へのコメントにコメント返しした際の実験の名残です。

RH7750-E1GHD/Aが4K含めた3面出力に成功

注目すべきは、RH7750-E1GHD/Aが、4Kディスプレイを含めた3画面同時出力(各最高解像度。HDMI、DVI、DisplayPort)に成功した点です。

だめかも、と思いつつ、案外あっさり大丈夫でした。

高級なグラフィックボードが必要?→そんなことない

グラフィックボードには数万やら10万円以上のものがあります。

しかし、単純に多ディスプレイ環境を構築する目的であれば、そんな高級グラフィックボードは必要ない、ということが、この構成メモからわかってもらえれば、と思います。

というのも、各グラフィックボード(3枚)の購入時価格は、

  • GIGABYTE GV-R777OC-1GB REV2.0/A ... 約1.2万円(2014年3月)
  • 玄人志向 RH7750-E1GHD/A ... 約0.9万円(2013年3月)
  • 玄人志向 RH7750-E1GHD ... 約1.0万円(2013年2月)

と、3枚を合計しても、安価なディスプレイ1枚分程度です。

もちろん、10面全部を机の上に置く、というのはあまり現実的ではないので、すべてアームで釣っており、アーム代がそれなりにかかります。また、ディスプレイは安いものを買うか高いものを買うか次第ですが、10枚=10倍なので、こちらももちろんそれなりにかかります。

ただそれに比べると、グラフィックボードにそれほど金額はかかりません

ひとつアドバイスをするとすれば、もし4面以上のディスプレイ環境を構築したいのであれば、複数グラフィックボードドライバの世代をまたぐ互換性問題に気をつければ、1枚のグラフィックボードからたくさん(4面以上)出力できるものより(高級)、安価な1万円以下のもの(3面出力)を複数枚購入するほうが、結果安価で融通がきくものを作れると思います。すぐ、大量に出力できるグラフィックボードに気が行ってしまいがちですが、マザーボードにPCI Expressスロットが十分あれば、複数枚構成のほうがおすすめです(デュアル、トリプルでわざわざ複数構成にする必要はない)。

その他の環境

PCの構成とグラフィックドライバの詳細は、前回の記事参照。

関連

コメント(1)

  1. !?
    2015年7月5日(日) 15:10

    よく、グラフィックボードを3枚+オンボードでできますね。
    私の場合では、「NVIDIA Geforce GTX 750」と「NVIDIA Geforce GT 610」の組み合わせで、リソース不足でGT610が使えないという位なんで。

    デバイスマネージャでも、割り当てが出来ないんで、もしかしたらとも思いますが、チップセットの制限がかかり、1枚だけ利用可能ということにでもなっているんでしょうか?

    ちなみに、Geforce GTX 750とUSBで5画面マルチディスプレイとして運用しています。

新しいコメントを投稿