情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

755の公式Twitterアカウントが凍結される可能性について

755 (31)

755の「三代目 J Soul Brothers」を使用した宣伝の一環で、755のTwitter公式アカウント(@7gogo_Support)が、大量の個人宛ツイート(リプライ)を大量に送信しています。ツイート内容は、どれも定型文です。この状況は、以前メッセージアプリ「comm」の公式Twitterアカウントが凍結された状況に似ています。その類似点や異なる点をメモしておきます。

755-sandaime-tweets

流れ:ツイートキャンペーン → ツイートありがとうリプライ

今回の一見では、まず755公式ツイッターアカウント(@7gogo_Support)が、次のように、「#三代目JSB」「#755始動」を含むツイートをさせるキャンペーンを実施しました。

これに答える形で、三代目JSBのファンがツイートしています。

ここまではよくありそうな流れです。

「投稿ありがとう」リプライ

しかし、これに対して、755公式アカウントが、1件1件、リプライ(返信)ツイートを送信しはじめたのです。

このURLは、スマートフォンからアクセスしてみると、755アプリのダウンロードリンク(ストアに転送される)になっており、アプリダウンロードを促す宣伝ツイートになっています

755公式の大量リプライ(1200件以上)

このツイートが、ものすごい数、投稿されています

755-sandaime-tweets

実際に、@7gogo_Supportのツイートの中から、リプライツイートを数えてみたところ、多すぎて途中で諦めましたが、少なくとも1200ツイート以上存在していました

755-sandaime-tweets-over-1000

機械的な投稿

全く同じ文章が、1000件以上、ハッシュタグを含めてツイートしている人たちにリプライされているところからして、機械的に投稿した可能性も考えられます。

特に、9:07に投稿された件数だけを調べても、約250件あるので、自動投稿したものと思われます。

commの公式アカウントが凍結された事例

ここで思い出すのが、DeNAのメッセージアプリ「comm」の公式アカウント「@comm_cs2」が、大量のリプライを送信した後、アカウントが凍結された一見です。

詳細:commのサポート用Twitterアカウント(comm_cs2)が凍結されるー過剰リプライが原因か

これを思い出すと、755の公式アカウントも、短時間に1000件以上のリプライを送信しているため、「スパム行為」に該当するのではないかと思われます。

Twitter規約違反?

より詳しく調べてみると、Twitterのヘルプにある、スパム行為(利用規約違反)と見なされる条件に違反しているように思われます。

  • 重複した内容の返信や@ツイートを多数送信した場合
  • 一方的な返信や@ツイートを多数送信した場合

また、以前commの時に参考にした過去のヘルプでは、

  • 多数のユーザー向けに、同じ内容の@付投稿をした場合
  • サービスやリンクを多数の人に送信しようと、一方的な@付投稿を多数のユーザーに送った場合

あたりにまさに引っかかっていそうです(こちらはヘルプが更新されているようで、参考程度ですが)。

凍結されるかも

こうやって見ると、commと同じように凍結される可能性は十分あるように思われます。

大きな違い

しかし、大きな違いがあります。大きな違いは、まず755公式が、Twitterの認証済みアカウントであることと、リプライ対象が、同じハッシュタグを付けた人、という「キャンペーンに反応した人」制限がある(無作為ではない)点です。

後者はまだしも、前者は凍結されるかどうか、という点で、強く効いてくるのかもしれません。

気になったツイート:三代目の755って本物?

こういうのは確かに気になりそうですね。

☆☆☆ 755非公式ヘルプTwitterをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About