情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhoneでWi-FiのDNS設定を8.8.8.8に変更する方法

iPhone (748) iPhone 6 Plus (21) Wi-Fi (14)

iPhoneでWi-Fiを使用しているときに、「つながらない」「ページのダウンロードが途中で止まる(青いバーが止まる)」「ページが開けません。サーバが応答を停止しています」などの何らかの不具合があった場合、「DNS」という設定を変更すると治る場合があります。変更先の定番が「8.8.8.8」という設定なので、今回はiPhoneでこれに設定する方法を紹介します。

Wi-Fi設定を開く

まず、ホーム画面の歯車から「設定」を開きます

次に、「Wi-Fi」をタップすると、次のようなWi-Fi設定が開きます。

iphone-wifi-dns-open-wifi-details

そうしたら、接続済みの調子の悪いWi-Fiの横にある「i」ボタンをタップして、詳細を開きます。

すると、詳細情報一覧が表示されるので、「DNS」のところにある数字(IPアドレス)をタップしてみてください。

すると、設定を直接編集できます

iphone-wifi-dns-modify-dns-8888

そこで現在の値を消して、「8.8.8.8」と入力してください(全て半角)。

あとは、左上の「<Wi-Fi」ボタンをタップして一つ前の画面に戻ってから「ホーム」ボタンを押してホームに戻り、今までどおり使ってみてください

これで、DNSが変更されます。戻すときは、直接書き換えるか、一度Wi-Fiを接続しなおしてみてください(一度OFFにして、再びON)。

試してみる価値あり

よく突然ネットがつながらなくなった、というとき、この「8.8.8.8」に設定する、という解決策が紹介されます。

問題について調べた時に「8.8.8.8にしたら直った」や「DNSを変更したら直った」と書いてあったら、今回紹介した手順を試してみてください。

当然、「つながらない」状態になる原因は様々なので、これをやればかならず治る、というものではありませんが、この方法を知っておくと、いざというとき役に立つかもしれません。

Windowsの場合

Androidの場合

XperiaやGalaxyなどのAndroid端末の場合は、こちら:AndroidでWi-FiのDNS設定を8.8.8.8に変更する方法

コメント(2)

  1. pemo
    2015年4月9日(木) 15:11

    自宅回線なら、ルーターの設定を変えるだけで良くないですか?

  2. kk
    2015年7月10日(金) 23:13

    つながりました
    ありがとうございます

新しいコメントを投稿