情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 8.1でWi-FiのDNS設定を8.8.8.8に変更する手順

Wi-Fi (14) Windows (248) Windows 8.1 (58)

Windows 8.1利用時に、Wi-FiのDNS設定を8.8.8.8に変更する方法を紹介します。ネットに繋がらない、など、トラブル対策時に役に立つ設定です。

「ネットワークと共有センター」を開く

画面右下にある「アンテナアイコン」を右クリックして、「ネットワークと共有センターを開く」をクリックしてください。

「ネットワークと共有センター」が開きます。

「Wi-Fiの状態」を開く

そうしたら、「アクティブなネットワークの表示」に、現在接続中のネットワークの情報が表示されるので、「接続」の右にある「Wi-Fi (xxxxxxxxxxx)」というリンクをクリックしてください。

「Wi-Fiの状態」という小さい画面が開きます。

「Wi-Fiのプロパティ」を開く

そうしたら、「プロパティ(ワイヤレスのプロパティではないので注意)」をクリックして、「Wi-Fiのプロパティ」を開きます。

「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」を開く

そうしたら、「この接続は次の項目を使用します」の中から、「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックして選択状態にして(左のチェックボックスを外してしまわないように注意)「プロパティ」をクリックして「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」を開いてください。

DNSサーバーを手動設定する

そうしたら、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」が選択されていると思います。

なので、「次のDNSサーバーのアドレスを使う」をクリックして「優先DNSサーバー」に「8.8.8.8」を、「代替DNSサーバー」に「8.8.4.4」と設定して、「OK」をクリックしてください

これで、設定完了です。「閉じる」で「Wi-Fiのプロパティ」も閉じてください。

戻し方

先ほどの設定に戻って、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」に戻してください。

iPhoneの場合

Androidの場合

Androidスマートフォンの場合はこちらの手順を参考にしてみてください:AndroidでWi-FiのDNS設定を8.8.8.8に変更する方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿