情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ミックスチャンネルで10秒以上の動画を投稿する方法

MixChannel (20)

ミックスチャンネルで10秒以上の動画をアップロード(投稿)する方法を紹介します。ミックスチャンネルで手軽に動画を撮影していると、10秒を超える動画を取ることができません。しかし、動画の作り方を少し変えるだけで、10秒を超えた動画をアップロードすることができます。

アプリ内カメラだと10秒が限界

ミックスチャンネルで動画を作り始めた時に、ビデオカメラボタンから動画を撮影し始めると、10秒までしか撮影できません。

また、さらに撮影を追加しようとすると、

これ以上の撮影はできません
作成中のムービーがすでに10秒以上なので、カメラ撮影はできません

というエラーになってしまいます。

なので、普段からミクチャのアプリ内カメラで動画を撮影している人は、10秒以上の動画をとることができません

ファイル追加なら、10秒を超えられる

しかし、隣の「ファイル」ボタンをタップしてみます。

mixchannel-10sec-add-files

すると、

mixchannel-10sec-caution

注意
すでにムービーが10秒を超えています
それでもムービーを追加しますか?

という注意が表示されるだけで、「OK」をタップすると、10秒を超えて、動画を追加できます

動画ファイルを選択して、切り取り範囲を選択して「追加」をタップすると、動画が追加されます。

これで、10秒を超えるミックスチャンネル動画を投稿できます

10秒を超える動画作りのコツ

ただし、一度に追加できる動画のサイズは10秒なので、30秒の動画を作るには、10秒ずつ追加する必要があるので、注意が必要です。

ミックスチャンネルに投稿するために、30秒のひと続きの動画ファイルを用意した場合は、10秒ずつに分割しておくことをおすすめします。

また、長さとは別にファイルサイズの制限があり、ファイルサイズが大きすぎる場合は「サイズオーバー」エラーが出てしまうので、動画のファイルサイズを小さくするソフトを併用することをおすすめします。

ポイント:あらかじめ動画ファイルを用意しておく

このように、ファイル選択機能を使えば、10秒を超える動画をミックスチャンネルに投稿できます

というわけで、10秒を超える動画を作るためには、その場でMixChannelアプリを使って撮影するのではなく、予め動画を別アプリで保存しておいて、そこから追加すればいい、ということになります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿