情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 8.1でブルースクリーン時のクラッシュダンプを分析する方法メモ

Windows (248) Windows 8.1 (58)

Windows 8.1でブルースクリーンに遭遇したときに 表示される情報は、以前のWindowsと比較すると少なくなっています。そこで今回は、より詳細な情報を取得する手段として、クラッシュダンプファイル(ブルースクリーンになった時のマシンの状態が保存されているファイル)を分析する手順を紹介します。

ブルースクリーンの原因分析

Windows 8.1 Proでは、ブルースクリーン発生時に、デフォルトでクラッシュダンプを「C:\windows\MEMORY.DMP」に保存してくれるようです。ただ、そのファイルは普通どうにも扱えません。なので、専用のツールを入れてみます。

Windows 8.1でやるのは初めてなのでメモしておきます。ちなみに、クラッシュダンプを分析するツールを入れたところで・・・

ダウンロード

Windows Software Development Kit (SDK) for Windows 8.1にアクセスして、「Install and dowonload」ボタンから、sdksetup.exeをダウンロードします。

ツールのインストール作業

ダウンロードした.exeを実行すると、「Specify Location」が表示されるので、「Install the Windows Software Development kit for Windows 8.1 to this computer」を選択して「Next」をクリックします。

Join the Customer Experience Improvement Program (CEIP)」が表示されたら、「No」を選択して、「Next」をクリックします。

License Agreement」が表示されたら、読んで「Accept」をクリックします。

Select the features you want to install」に到達したら、「Debugging Tools for Windows」だけにチェックを入れて「Install」をクリックします。

これで十分のはずですが、今後の時のために、自分の場合は試しにすべてにチェックを入れたまま、「Install」をクリックしました(おい)。

  • Windows Software Development Kit
    The Microsoft Windows Software Development Kit (SDK) for Windows 8.1 provides the tools, header files, and libraries needed to design, develop and debug both Windows 8.1 Windows Store apps and Windows desktop applications. (Tools, Headers, Libraries, Links to Samples, Links to Documentation)
  • Windows Performance Toolkit
    Tools to record system events by using Event Tracing for Windows, and a tool to analyze performance data in a graphical user interface. (Windows Performance Recorder, Windows Performance Analyzer, Xperf)
  • Debugging Tools for Windows
    Kernel and user-mode debuggers as well as help and tips for using Debugging Tools for Windows.
  • Application Verifier For Windows
    Application Verifier is a runtime verification tool for unmanaged code. It assists developers in quickly finding subtle programming errors that can be extremely difficult to identify with normal application testing. Application Verifier makes it easier to create reliable applications by monitoring an application's interaction with the Microsoft Windows operating system, profiling its use of kernel objects, the registry, the file system, and Microsoft Win32 APIs (heap, handles, locks, and more).
  • .NET Framework 4.5.1 Software Development Kit
    Components that let you develop managed code applications. included are Reference Assemblies and Tools targeting .NET Framework 4.5.1.
  • Windows App Certification Kit
    Windows App Certification Kit.
  • MSI Tools
    Tools for creating and editing MSI installer packages.

「Installing features...」をクリックします。

ツールのダウンロードも行われるので、かなり待たされます(2時間以上待った?)。

「Welcome to the Windows Software Development Kit for Windows 8.1!」と表示されればインストール完了なので、「Close」をクリックします

WinDbg (X64) の起動

スタートから「windbg」で検索して「WinDbg(X64)」を見つけて、右クリックから「管理者として実行」するか、「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Debuggers\x64\windbg.exe」を右クリックして「管理者として実行」します。

Symbol Pathの設定

「File>Symbol File Path...」をクリックして、「Symbol Search Path」ダイアログを表示して、「Symbol path:」に「SRV*C:\Windows\symbol_cache*http://msdl.microsoft.com/download/symbols」と入力し、「OK」をクリックします。

Save WorkSpace

次に、「File>Save Workspace」をクリックします。

Open Crash Dump

続いて、「File>Crash Dump」をクリックして、「C:\windows\MEMORY.DMP」を選択して「開く」をクリックします。

Crash Dump の読み込み

すると、メモリダンプが読み込まれます。

続き

コメント(0)

新しいコメントを投稿