LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE:パスコード画面の数字配置が押しにくくなるアップデート

LINE (1003) LINE 5.1.0 (5) LINE-iPhone (250) LINE-アップデート (89) LINE-パスコードロック (3) UI/UX (5)

iPhone版LINE 5.1.0 にアップデートされ、パスコードロックの画面のデザインが変更になりました。この変更では、今まで画面下部に固まって配置されていた数字ボタンが、画面の下から60%くらいの範囲に広く配置されるようになりました。この影響で、今まで画面の下部だけのタップで解除できたパスコードロック画面が、画面の比較的上の方までタップしなければ解除できない、指が届きにくい配置になってしまっています。この変更について紹介します。

LINEのロック画面デザイン変更内容

LINE 5.1.0になる前は、ロック画面の数字ボタンは、画面の下40%くらいに固まって配置されていました。

LINE 5.1.0

しかし、LINE 5.1.0にアップデートされ、ロック画面の数字ボタンは、画面の下から60%くらいにわたって広まるように配置されています。

押しにくくなった・解除しにくくなったロック画面

これにより、ロック画面が使いにくくなったと感じる人が増えています。

特にiPhone 6 Plusのような大画面では、指が届きにくくなってしまい、ロック解除がより面倒に感じるようです。また、今までと感覚が変わってしまい、押し間違いも増えているようです。

どうして番号部分がこんなに巨大化してしまったのでしょうか。下に固まっているのはなかなか良い配置だと思っていたのですが。。。

対策:指紋認証対応なら指紋認証を

このロック画面の配置を変更することは、LINE 5.1.0現在、設定がないためできません。

ロック画面を使い続けて、番号をタップせずにすむようにするには、指紋認証を使うくらいしかありません。

まだ指紋認証を使っていない、対応端末(iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus)ユーザーがいれば(少ないとは思いますが)、参考にしてみてください。

参考:LINEで指紋認証ロックを使う方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿