情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

保管期限当日18時過ぎの郵便物再配達依頼メモ

郵便局 (7)

約一週間前に投函されていた「郵便物等ご不在連絡票」。その「保管期限」は今日の日付でした。「再配達受付連絡先」の「24時間自動受付」の電話番号には、注意書きとして「※当日の再配達の受付は18:00までとなります」と書かれていたのですが、気がついたのは18:30。しかし、ちゃんと再配達依頼ができて、当日中に届けてもらえたので、メモしておきます。

保管期限当日夜に気がついた

「保管期限が切れるとどうなるの?」という部分を正確には知らないのですが、このままにしておけば、間違いなく送り主に戻されてしまうわけで、迷惑がかかり、困ります。

しかし、気がつけば保管期限当日の18:00を過ぎており、既に「当日中の再配達依頼ができない時刻」と思われました。

※当日の再配達の受付は18:00までとなります

「コールセンター」に電話

そんなときどうしたかというと、「不在票(郵便物等ご不在連絡票)」の裏面一番下に、比較的小さい文字で書かれた「コールセンター」に電話をしました。

この「コールセンター」について、どういうときに電話すべき電話番号なのか、はっきり書かれていないのですが、さらに小さい文字で「オペーレータによる当日の再配達受付は19:00までとなります」と書かれていました。

つまり、表面に書かれている再配達電話番号(24時間受け付け)とは別に、再配達依頼を受け付けてくれる「コールセンター」があり、少なくとも19:00までは、当日の再配達を受け付けてくれる(18:00までより1時間長い)と。

というわけで、18:45ごろに実際にコールセンターに電話してみたところ、無事受け付けてもらえることがわかりました。

まとめ

電話で再配達依頼をしようとした時、不在票の表面には、「当日の再配達の受付は18:00まで」と書かれていますが、裏面の「コールセンター」に電話すれば、19:00まで当日の再配達を受け付けてもらえる、ということがわかりました。

じゃぁ、19時を過ぎたらどうしようもないのか、というと、コールセンターであれば、少し猶予があるのかもしれません。また、連絡さえしておけば、保管期限を伸ばしてもらえたり、するんでしょうか。。。そこまでは聞かなかったのですが、とりあえず何もしないよりは、コールセンターに電話することをおすすめします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿