情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

C Channelの投稿者(クリッパー)のプロフィール調査でわかったこと

C Channel (2)

C Channelは、簡単にいえば「女性向けの動画メディアlなのですが、その投稿者は皆「モデル」系な方々です。ただ、モデルに詳しくない自分からすると、その「モデル系な人たち」が「どんな」なのか、さっぱりわからなかったので、投稿者(クリッパーと呼ばれる)のプロフィールを、ある程度調べてみることにしました。とても有名な人を集めているのか、とか、モデルの中でもどういう系統の人なのか、そもそもモデル以外の人は居るのか、などなど、そういうことに興味が出たので。

c-channel-clippers-top-page-sample

このエントリ、結果として妙に伏線の多い構成(調査)になりました。

プロフィールを調べてみる

トップページの動画一覧は「人気」と「新着」で切り替えられるので、ひとまず「人気」に設定して、上から順に投稿者について検索してみました。

TEMPURA KIDZ さん(4クリップ、514好き!)

Wikipediaがありました。

TEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)は、日本の原宿系ダンスパフォーマンスユニット。所属事務所はasobisystem(アソビシステム)。所属レーベルはSMEレコーズ。 引用元

一番上だけあって、なかなか有名そうで、プロ感が強めです。

3つくらい調べて思いましたが、投稿者の雰囲気をうまく要約するのは難しいです。あと、有名具合の指標がよくわからない、っていう。

とりあえず、メジャーデビューしてるみたいです。

変幻自在な本格ダンスとカラフルポップが
特徴の5人組み「TEMPURA KIDZ」。
きゃりーぱみゅぱみゅの初代ダンサーとして活躍後、
動画投稿サイトにあげた”CIDER CIDER”が世界中で話題になり、
2013 年3月にメジャーデビュー。 引用元

なこつ さん(2クリップ、144好き!)

プロフィールには、「OL」と書かれています。

「なこつ」でぐぐってもあまり情報が出てこないので、かなり謎です。

「OL兼モデル」というタイプの「モデル」さんなのかもしれませんが、C Channelの雰囲気がつかめてきた気がします。

ちなみに、この時点で「人気」の1位、2位、4位、5位がTEMPURA KIDZで、そもそもTEMPURA KIDZは4つしか動画(クリップ)を上げていないので、C Channelの人気動画はTEMPURA KIDZに支えられている印象です。もっとモデル度が高いのかとおもいきや!

さっちょ さん(6クリップ、204好き!)

こちらはわかりやすく、プロフィールに「青文字系ファッション雑誌『Zipper』(祥伝社)の専属モデルを経て、今は他誌に出演、活躍中。」と書かれていて、やっと「モデルさん」だ、といった感じです。

キーワード:青文字系

ここで、文中に出てきた「青文字系ファッション雑誌」って何?と思ってしまったのですが、Wikipediaによれば、以下の様な雑誌のことのようです。

青文字系雑誌(あおもじけいざっし)とは『Zipper』『CUTiE』といった東京の原宿などで多く見かける個性的で同性受けするファッションおよびそれらを多く取り上げる雑誌のことである 引用元

注目すべきは、次の一文でした

特徴として挙げられるのは、ブログやツィッター、mixiといったインターネットメディアで圧倒的な支持を得ている点。中には有名芸能人のアクセス数をはるかに凌ぐモデルも数多く存在し、ネット上での人気はここ数年、赤文字系モデルをしのぐ 引用元

なるほど、同じモデルさんでも、赤文字系(JJ、ViVi、Ray、CanCam)ではなく青文字系を狙うのが、今どきメディア、みたいです

いやぁ、面白い。勉強になる。

ここで、「TEMPURA KIDZ」が「きゃりーぱみゅぱみゅ」のバックダンサー・初代「きゃりーキッズ」を務めていた、というWikiepdiaに書いてあったことを思い出しつつ、TEMPURA KIDZのファッションを見ると、このあたりにも「青文字系」から来る統一感があったことに気が付きます(ファッションの細かい違いとかはわからないけど、こういうキーワードがあると楽だ)。

上野瞳さん(2クリップ、82好き!)

プロフィールには、キーワード「青文字系モデル」が。

抜群のスタイルとガーリーなコーデが得意な、お人形のようなかわいらしさを持つ青文字系モデル引用元

ちょっとアメブロを見てみると、ちょうどコスメの紹介をしていて、あ、アメブロの内容を動画にしたらC Channelのコンテンツになるのか、と思いました。

冨張愛さん(22クリップ、620好き!)

とりあえず、プロフィールに詳しいことは書かれていないのですが、少しググると「読者モデル+中央大学法学部+ミス中大」ということがわかります。

ただ、その読者モデルについて「Vivi、Cancam」と書かれていたりして、「『あっち』じゃん」と思ってしまいました

必ずしも、そんな単純に青文字系で固めているわけでも、制限しているわけでもない、ということですね。

AMIAYAさん(4クリップ、178好き!)

プロフィールが「青文字系雑誌でモデルを務めすぐに、独創的な着こなしとヘアメイクを真似するファンが急増。」で始まり、またしても「青文字系」の文字がありました。

他にも「『AYA AMI BOOK』は計4万部」「アパレルブランドjouetieはアジア全域で人気ブランド」「メジャーデビューミニアルバム」などなど、大活躍な事が書かれています。

Wikipediaの「青文字系」に戻ってみると、「青文字系とされるモデルの書籍」に5冊しか書かれていないうちのひとつが『AYA☆AMI』で、C Channelがかなり有名ドコロを押さえているのかな、と感じました。2012年にTVドラマの「GTO」にも出ていたみたいです。

にしても「AMIAYA」という名前で二人いて、一度別の記事で触れた双子モデルの「mimmam」みたい、二人でセット的なやつなのか?って思ったら、「双子」まで一緒の「双子モデル」でした。

アンナさん(5クリップ、201好き)

流れにない、外国人顔な人が急に登場して驚きました。プロフィールには「ロシア人」と書いてあります。外国人もウェルカムみたいです。というか、海外展開に積極的とかそんな話もあるので、そりゃそうか、ですが。

清水愛美さん(23クリップ、507好き!)

このあたりでだいぶ、クリップ数が多い投稿者にはあまり「青文字系感」「モデル色」が強くない人が目立つ、ということに気が付いてきました。

清水愛美さんもプロフィールだとよくわからないので、ググってみるのですが、アメブロも「C Channelクリッパー」が第一になっています。

このあたりで、Web系側、つまり制作側の人(OL)がクリッパーもやってるパターンなのか?と思ったのですが、アメブロのプロフィールの続きを読むを開くと「大学卒業したての代表取締役 女社長」と書かれており、「milpate|女子による女子のタメのハッピーチャンネル」を運営しているっぽいことがわかります。

このmilpate(ミルパテ)が、自分の目からすればC Channelそっくりなのですが、今年の3月で止まっているっぽいので、この人はC Channelに移ったのかもしれません(どこかで、C Channelで働いている人に起業経験者も居る、と書いてあった記憶があるので特に←検索しても見つからない)。

YuRiさん(2クリップ、86好き)

このあたりで、人気順の動画が、急に既出の人の動画ばかりになってしまい、すこしスクロールして見つけたのが「YuRi」さん。

プロフィールに「独自のファッションセンス」とあり、やっぱりこういう人中心なのかな、C Channelって、感。

新部宏美さん(16クリップ、145好き!)

プロフィールに「Rayの専属読者モデルをしています」とあって、わかりやすくて嬉しいです。

瀬戸あゆみ さん(8クリップ、207好き!)

プロフィールがこれまたわかりやすく「青文字系モデルとして活動中」で始まっています。やたら青文字系って言葉を押してくる感がさすがになんだか妙な感じですが、これでいいんですかね。

「自身のブランドAymmy in the batty girlsではデザイン&ディレクションを務める。2015年3月Aymmyのコンセプトショップ「BATTY GARAGE BY AYMMYS」をラフォーレ原宿にオープン!」とあるので、やはり同じ「青文字系モデル」でも、結構人気のある方なのでしょうか。

このあとしばらくランキングを辿っても既出の人ばかりが出てきたので、一度調査を終了することにしました。

やっぱりキーワードは「青文字系」だった

ここまで調べて、本当に「青文字系」という言葉がたくさん現れることに気が付きました。

調べ終わった後、ちょっと最近のC Channel関連ニュースでもちら見しておこう、と思ったらこんな記事が。

C Channelは「女の子の自己表現の場」になる? 森川氏とアソビシステム中川氏 | TechCrunch Japan

「アソビシステム中川氏」。ものすごく見覚えが・・・

!!!

「青文字系」という言葉はアソビシステム株式会社[2]代表の中川悠介が命名した。 引用元

そう、Wikipediaの「青文字系雑誌」で、「青文字系と命名した人」とされていた方・・・

「アソビシステム」が「アドビシステムズ」に似てるなぁと思っていたので覚えていました。

アソビシステムの公式ページ(wikipediaからリンクされていた「http://www.asobisystem.com/」はドメインが死んでいたのですが、まさかの「http://asobisystem.com/」が正解)のトップページにはきゃりーぱみゅぱみゅが。COMPANYのページの「企業理念」に「ASOBISYSTEMは、日本独自の文化である“HARAJUKU CULTURE”に焦点をあて、ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出すコンテンツをサポートして成長させ、国内はもとより、世界に向けて発信するための活動をしています」と書かれているように、もろ「青文字系」だったわけです。

先ほどの記事にも「C Channelに出資するほか、事業でも協力体制を作る中川氏は、」という記述があるので、この点からの因果を強く感じて「なんだ、そういうことか」と思ってしまうかもしれません。

ただ一方で、C Channelの立ち上げ側(というか森川さん?)からすれば、初めから「青文字系」に興味があって(勝機を感じて)手を組んだ、とのことでしょうから、やはり最近のWebでの人気から「青文字系モデル」に注目していた、というのがまずあって、その結果、出資されたりいろいろありつつ、動画投稿者に「青文字系」な人が増えた、とのことだとやはり思います。

今後もっと幅広い展開を計画しているようですが、その初速を付けるという意味では、「青文字系」がぴったり、と踏んだのかもしれません。

こういう流行に敏感になりたいものです。

今後広まれば、もっとクリッパーの多様性も高まってくるのかな?どこまで維持し続けるのかな?と思いつつも、出資までされている、ということなので、もっとクリッパーが増えるまで当分は少なくとも、青文字系率が高いメディアで在り続けそうです。

追記:ふと後から思ったこと

Wikipediaの「青文字系雑誌」の内容、ちょっと偏ってるんじゃ?と思った。

コメント(0)

新しいコメントを投稿