情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Apple・iPhone関連で出てくる「コンセプトデザイン」の意味とは

iPhone 7 (63)

「iPhone 7」がTwitterのトレンドに出ていて、何かあったのかとおもいきや、「Apple製品のコンセプトデザインを数多く手掛けるMartin Hajek氏が、2016年以降に発売が予想されるiPhone7のコンセプトデザインを公開」という言葉を中心に、「iPhone 7のコンセプトデザイン」の画像が広まっているようです。

iPhone 7 x コンセプトデザイン x Martin Hajek氏

広まっている元の文章をたどると例えばココにたどり着きます。

Apple製品のコンセプトデザインを数多く手掛けるMartin Hajek氏が、2016年以降に発売が予想されるiPhone7のコンセプトデザインを公開していますので、ご紹介します。 引用元

まぁ、とてもある種「それっぽく読める」文章です。

「コンセプトデザイン」

iPhone関係では「コンセプトデザイン」という言葉がよく出てきますが、結局のところ「(iPhoneの好きな人が、)勝手に考えた妄想デザイン・非公式デザインであって、Appleが公式に作ったデザインではない」というのがポイントです。

つまり、部外者の単なるデザイン予想に過ぎません。

なので、これについてまじめに語ることを否定するわけではありませんが、部外者の勝手な予想だと理解しているかどうかがほんとうに重要で、真に受けて「iPhone 7 が~」と言ってしまうのは、ちょっと。。。

とはいうものの、「iPhone 7 コンセプトデザイン Martin Hajek氏」などで調べてもなかなかこのことについて説明してくれていないので、とりあえずここに書いておきました。

「デマ」とか「ガセ」とか言っている人もいますが、画像単体状態ならまだしも、こういう画像はやたらめったら作られているものなので、今後気をつけてください。。。

コンセプトデザインいろいろ

探せばiPhone 8のコンセプトデザイン(http://iphone-mania.jp/news-57217)だってありますし、iPhone 7 のコンセプトデザインの他の種類も多数見つかります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿