LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE:グレーの公式マークは本当に公式アカウント?偽物?非公式?詐欺アカウント?

LINE (1014) LINE-スパム (117) LINE-公式アカウント (5) LINEat (75) LINEat-スパム (50)

最近、怪しいLINE公式アカウントが増えています。その怪しいアカウントは、「友だち>公式アカウント」の一覧に表示されているのですが、公式マーク(☆盾マーク)がなぜか緑ではなく灰色です。そういうアカウントは本当に公式なのか、それとも偽物なのか、公式アカウントになる裏ワザでもあるのか、というところを解説しておきます。

この「グレーマークの公式アカウント」が最近「悪用」されている点についても紹介します。

naver-line-gray-official-account-symbol-gray-icon

グレーの公式マーク

LINE公式アカウントには、名前の前に「緑色の公式マーク」があります。

naver-line-gray-official-account-symbol-tv-tokyo

一方、「公式アカウント」一覧には、「グレーの公式マーク」のアカウントも表示されます。

naver-line-gray-official-account-symbol-line-official-haifuya

怪しい、本当に「公式」なの?

この「【公式】LINE運営配布屋」は、「タイムラインに共有するだけで500コインが手に入る!」などと宣伝する、とても「怪しい」アカウントです。

これを見て、次のように思うのは当然だと思います。

  • 「本当に公式なの?」
  • 「公式マークが灰色で怪しい」
  • 「緑と灰色の違いは何?」
  • 「偽物?裏わざ?非公式?」
  • 「プレゼントとか言ってるけど、本当に貰えるの?詐欺?」

「公式アカウント」一覧に出る、という意味では一応「公式」だけど・・・

とりあえず、「友だち」一覧の、「公式アカウント」の中に表示される、という意味では、一応「公式」かもしれません。

みんなのイメージする「公式」

ただ、実は、緑マークと灰色マークでは、全くそのアカウントの「作り方」が違います

「みんなのイメージする公式」はおそらく「緑色のほう」で、「灰色の方」は、それとは全く違うものです。

グレーの公式アカウントの正体と作り方

グレーの公式マークのアカウントは、今からあなたも、作ることができてしまうアカウントです

年齢認証があるので18歳以上で、電話番号が必要ですが、企業や芸能人が使う緑色とは違い、あなたの住所や職業を調べられることもありませんし、高額な料金も必要ない、アカウントです

そんな個人向けのアカウントのことを、LINEでは「LINE@(一般アカウント)」と呼びます。

作り方

LINE@アプリをダウンロードして、そこで登録するだけで作れてしまいます

灰色の公式は、個人でも簡単に作れる!

というわけで、私個人でも、簡単に作れてしまいます

naver-line-gray-official-account-symbol-line-did2

なので、今は名前が「did2」ですが、これを例えば「【公式】LINE着せかえ無料プレゼント」とでもすれば、簡単に「詐欺」的なアカウントを作ることもできます。

もちろんここでの「公式」は、「did2公式」くらいの意味になりますが。

緑色の公式は、簡単には作れない!

一方、「緑色の公式アカウント」は、厳しい審査と高額な費用(例:初期費用200万円、月額150万円~)が必要になります。

naver-line-gray-official-account-symbol-line-green

これが、「本当に公式かな?」と疑った皆さんのイメージに合う「公式」だと思います。

「公式」や「LINE公式」と言うより、「LINE公認」や「LINE認証済み」という意味合いが正確です。

紺色は?

読者の中には、「公式アカウント」一覧に、灰色でも緑色でもない、紺色のアカウントが表示されている人もいると思います。

naver-line-gray-official-account-symbol-line-navy

実はこれも「LINE@」アカウントなのですが、この紺色アイコンの場合は、主に実店舗を持つビジネス向けの「認証済みアカウント(認証済みLINE@)」です。

なので、先ほど紹介した「個人向けアカウント(個人向けLINE@)」とは違い、LINE株式会社に審査依頼を提出し、合格して初めて作成できるアカウントです。

この認証済みLINE@の申し込みページにも、「一般アカウント」はLINE@アプリで作ってね、と書かれています。

まとめ:「公式」の意味の違いに注意!!

というわけで、「公式アカウント」の一覧に表示されていても、灰色マークの公式アカウントは、作ろうと思えば誰でも簡単に作れてしまうLINE@アカウントなので、緑色の「みんなのイメージする」の公式アカウントとは、全く別物です。

「公式」と書いてあるのを、「LINE運営公式」だとか、「LINE運営公認」と間違えないでください

アカウントを作る前に、しっかりとした審査を通過したものではありません(もちろん、規約違反や通報でLINE運営が消す可能性はあります)。

なので、「詐欺だった!!!」としても、そこで「公式って書いてあったのに!!!」と思ったとしたら、それは大きな誤解です。

「公式」という表示から「LINEの認証済み・公認」と誤解しないように気をつけてください

知らない人が多い

また、「怪しいアカウント」を拡散している人には、この誤解をしている人がかなりの数居ると思われます。

身近に拡散している人がいたら、このページか、次にツイートを紹介してあげてください。

問題は「公式アカウント」一覧に「一般向け」まで載っていること

実は、「緑色の公式アカウント」のことを、LINEは「公式アカウント」と呼んでいます。

この「公式アカウント」が最初にLINEに導入されたので、「公式アカウント」という一覧が作られました。

しかし、その後作られた「LINE@(認証済み)」ならまだしも、更にその後作られた「LINE@(一般)」まで、「公式アカウント」一覧に押し込まれてしまったのです。

その結果、「誤解」と「混乱」が生まれ、そこから「詐欺まがいに見える怪しいLINE@アカウント」たちに「公式」というステータスを与えることになってしまっています

コメント(0)

新しいコメントを投稿