情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

MacBook:自動ロックまでの時間を伸ばす

Mac (30) MacBook Pro (12)

MacBook Proを使っていて、画面が暗くなるまでの時間と、その後ロックが掛かる(パスワードが必要になる)までの時間を伸ばしたのですが、設定場所が少しわかりにくかったので書いておきます。

システム環境設定を開く

どの設定も、「システム環境設定」の中にあります。

「システム環境設定」は、画面左上のリンゴマークをクリックして、「システム環境設定...」をクリックすると開きます。

スクリーンセーバにならないようにする

スクリーンセーバの有効・無効の設定は、システム環境設定の中の「デスクトップとスクリーンセーバ」から出来ます。

「デスクトップとスクリーンセーバ」を開いて、「スクリーンセーバ」タブを選択して、「開始までの時間」を「開始しない」にします。これでスクリンセーバーは無効になります。

画面スリープまでの時間を伸ばす

画面スリープ(画面が真っ暗になる)までの時間は、システム環境設定の「省エネルギー」から設定できます

コンセントにつないでいる場合の「電源アダプタ」と、つないでいない場合の「バッテリー」という、2つの場合に分けて設定ができます。

どちらも、「ディスプレイを切にするまでの時間」を伸ばすことで、画面スリープまでの時間を伸ばせます。

「しない」に設定すると、画面スリープは発動しません。自動パスワードロックしたい場合は、自動ロックしたい時間より短く設定する必要があります。

設定を変えたときに次の警告が出ても、気にせず「OK」をクリックして下さい。

この設定にすると、コンピュータの消費電力が増加する可能性があります。
消費電力を減らすには、"デフォルトに戻す"をクリックしてください。

パスワードロックするまでの時間を伸ばす

いちいちパスワード解除するのが面倒、という場合は、パスワードロックするまでの時間を伸ばすことができます。

こちらもシステム環境設定の中にある、「セキュリティとプライバシー」から設定できます。

スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」の設定が、ロックまでの時間の設定で、スリープまたはスクリーンセーバの開始後○○分、という形式で設定します。

この設定は、8時間後が限度です。

指紋認証が使いたい

指紋認証が使えれば、パスワード入力が簡単になるのですが。

iPhoneの指紋認証「Touch ID」を使ってMacのロックを解除する的な方法ないのかなぁ(きっとある)。

コメント(1)

  1. ぽぽちゃん
    2015年6月15日(月) 09:35

    指紋認証はMacIDというのがありますね。

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About