LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEのウィジェットをiPhoneの通知画面に表示する方法

iOS 8 (10) iPhone (750) LINE (1014) LINE 5.2.0 (iPhone) (1) LINE-iPhone (253)

iPhone版LINE 5.2.0が公開されて、LINEがiOS8のウィジェット機能に対応したので、ウィジェットを有効にしてみました。その時の手順をメモしておきます。難しくもなんともありません。

ウィジェット登録する

まず、iPhone版LINE 5.2.0にアップデートしてください。これで、LINEがウィジェット対応します。

続いて、ディスプレイの上から「通知センター」をひっぱり出して、「今日」を選択し、一番下の「編集」をタップします。
naver-line-widget-settings-line-5-2-0-start-edit

そうすると、下の方に追加できるウィジェットの一覧が表示されます。その中の「LINE」をタップしてください。
naver-line-widget-settings-line-5-2-0-add-widget

ウィジェットの表示

ウィジェットの登録に成功すると、通知センターを開いたときに、「今日」の中に、LINEウィジェットが追加されます。
naver-line-widget-settings-line-5-2-0-widget

お気に入り登録をしよう

このウィジェットには、LINEアプリであらかじめお気に入り登録しておいたユーザーが表示され、お気に入りのユーザーのトークをすぐ開いたり、すぐ電話をかけたりが出来るようになります

「お気に入り」を誰も登録されていないと「お気に入りが追加されていません」と表示されるので、LINEアプリを開いて友だちのお気に入り登録をしてください。

直接友だち一覧・トーク履歴などが表示できる

このウィジェットは、このお気に入り機能とは別に、LINEアプリの「友だち一覧」「トーク履歴」「タイムライン」「その他」を直接開くボタンも設置されているので、LINEアプリをいちいち開くより、便利に使えるかと思います。

Android は、トークのショートカットがホーム画面に簡単に設置できる分、そのあたり便利だったので、iPhoneのウィジェット機能は、その差を埋めるのに役立ってくれそうです。

コメント(1)

  1. siri
    2015年7月2日(木) 18:02

    関係無いですが、ios8.4でsiriが計算やってくれるようになりました

新しいコメントを投稿