情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

VirtualBox+Ubuntu:突然画面が拡大して設定画面が収まらなくなったときの話

Ubuntu (19) VirtualBox (7)

VirtualBox+Ubuntuの初期設定時に、Windows+AutoHotkeyで設定していたショートカットキーを誤って乱発したところ、突然画面が拡大されたような表示となり、設定画面が収まらない状態になりました。何が起こったのかよくわからず困ったので、その時の対処法を。

設定画面が収まっていない

突然設定画面が大きくなり、画面に収まらない状態になってしまいました。

virtualbox-display-zoom-trouble

解像度が低い

よく観察してみると、画面解像度が低くなっていることがわかりました(800x600)。

ここで、VirtualBoxの「表示>仮想スクリーン1」から、1280x800などを選択するも、効果がなく、800x600に戻ってしまっていました。

どうやら、強制的に 800 x 600 になってしまうようでした。

初期設定を何とか進める

とりあえず初期設定は、ウィンドウを左へ移動させることで、画面右下の「続ける」を表示させて、先へ進みました(幸い、縦解像度は足りたので)。

なんか治った

そして、初期設定ウィザードが終了すると、どういうわけか、解像度が元に戻りました

もともと、一つの設定画面での操作中に起こった出来事なのに、どういうわけか、ウィザード終了後に戻りました。中途半端なタイミングで発生したので、間違えてショートカットキーを乱発した結果だと思ったのですが、そういうわけでもなかったのかもしれません。

教訓:とりあえず無視して先に進もう

どうしてもトラブルに遭遇すると、一度作業を止めて(今回の場合、初期設定作業)トラブル対応したくなるのですが、今回はとりあえず突き進む、が正解で、あまりいろいろやっても仕方なかったようです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿